レスポンシブWEBデザインの翻訳サイト

レスポンシブWEBデザインのホームページ制作をご依頼頂き、今回は「翻訳ページ付き」のWEBサイトを納品させて頂きました。今回は翻訳サイト作成の事例とWP高速表示に関する考察をご紹介します。

WordPressの翻訳には「ヤラクゼン」がおススメ?

ヤラクゼン

昨今の在日外国人増加に伴って、あらゆる接客系業種のホームページで翻訳コンテンツの必要性が高まってくるのではないかと、今回のご依頼、そして打合せで強く感じました。

私は英語はできませんので、翻訳家に各コンテンツの翻訳を依頼することがベストだと当初は考えたのですが、WordPressを使う以上、便利なプラグインを探すことが先決。翻訳プラグインでスピーディな翻訳ページを構築できればランニングコストも押さえられますしね!

ご依頼者と一緒に翻訳プラグインを探していった結果、「ヤラクゼン」と「Bogo」というプラグインを使ったサイト構築がコストパフォーマンスに長けると判断しました。

ヤラクゼンは無料で使える翻訳サービスで、別途有料で翻訳家に依頼を出すことも可能です。

また、プラグイン「Bogo」を使うことで、簡単に日本語ページと翻訳ページを切り替えることができます。

翻訳サイトの構築 WordPress

この「ヤラクゼン」と「Bogo」を使うと、翻訳ページ用に専用のディレクトリが生成されます。

英語ページの場合は/en/~~/となります。/~~/の部分は任意で設定もできますので、日本語ページは日本語パーマリンク、英語ページはアルファベットでのパーマリンクとしても良いでしょうが、日本語パーマリンクはSNSとの相性が悪い上に、思わぬ不具合も招きかねないので、階層違いの同一パーマリンクとしました。

日本語ページと翻訳ページの切り替えリンクをどこに設置するかで少々悩みましたが、レスポンシブWEBデザインを採用しているので、サイドバーに設置すると、スマホ閲覧時に中途半端で見落としがちな場所に翻訳切り替えリンクが設置されてしまいますので、header.phpに書き込むことにしました。

WordPressの自動翻訳はお勧めできない。翻訳家のチェックをお勧め。

ヤラクゼンの自動翻訳の精度が高いか低いかを私も、そして今回ご依頼くださった方も確認できません。そのためご依頼当初は、自動翻訳サービスと翻訳家に別途依頼したコンテンツを見比べ、その精度を検証した後、予算に応じて翻訳コンテンツの運営をするようにお勧めさせて頂きました。

私のような英語ができない人間が英語が並んだページを見れば「わぁ!翻訳サイトだ!」となりますが、Search Console ヘルプ内にある多地域、多言語のサイトでも指摘されている通り…

自動翻訳は意味が通じない場合があるため、スパムとみなされる可能性があります。また、読みにくく不自然な翻訳はサイトのイメージ低下につながる場合があります。

そして、無料の翻訳プラグインとして人気のヤラクゼンですが、自動翻訳を使うと時折、英語の中に漢字が混じって残る場合があります。これがとても厄介です。

今回のご依頼では、翻訳精度の保証は致しかねると言う条件で価格を下げさせて頂きましたが、あまりにもひどかったので、ご依頼主と相談し人力翻訳を行うことにしました。

根性が必要?素人の人力翻訳

あなたもご存知の通り、Google翻訳を使えば、簡単な翻訳は可能です。これは、ヤラクゼンでも同様。しかし、「日本語→英語(1)」で翻訳した後に、この「英語(1)」を日本語に翻訳すると「日本語(2)」となるケースは少なくありません。「日本語→英語=英語+漢字」となるのは、該当する英単語を見つけられなかった際に、どうやら起こる不具合のようです。

英語+漢字となっている自動翻訳の結果は言うまでもなく、修正する必要があり、「日本語(2)」は、日本語としてはお粗末な訳ですので、これも初めの翻訳「英語(1)」に問題があると考えた方が無難でしょう。

そこで、この「日本語→英語(1)→日本語(2)→英語(1)」となってしまう、自動翻訳の弱さを克服する方法としては、はじめの「日本語」の言い回しを変えると言うことから始めます。

専門用語や法律用語は、そのまま「○○ 英語訳」とすれば、該当する英単語を見つけることができますので、翻訳する日本文の中にある専門用語を予め英単語に変換した後、自動翻訳を行うと言う方法があります。

英語に翻訳した文章の中に漢字が交じるケースのほとんどが、専門用語でした。今回顕著な例として出てきたのは「就労移⾏⽀援事業所」という専門用語。これを自動翻訳すると、ヤラクゼンでもGoogle翻訳でも「Work moved ⾏_⽀ assistance office」と表示されます。

この文中にある「⾏_⽀」とは、いったい何がどうなっているのだ?と感じさせることでしょう。この場合、専門用語としての「就労移⾏⽀援事業所」という言葉を分解して「就労」「移行」「支援」「事業所」とすると、こんなことになってしまいます。

 

「支援」だけを自動翻訳すると「support」となるのですが、それぞれの翻訳された英単語を順番に並べると「Employment The Migrator Support Office」となります。

普段の私の英語力なら「これでデキタ!」となるのですが、この「Employment The Migrator Support Office」を日本語に変換すると…

「雇用ザ・移行サポートオフィス」

いったい何のことやら…と言った状態です。このような専門用語の場合は「就労移⾏⽀援事業所 英語」等などで検索すると「weblio.jp」さんが、優しく教えてくれます。

ヤラクゼンで見落としがちなお粗末な翻訳

ヤラクゼンの自動翻訳で見落としがちなお粗末な翻訳の例としては、次の一文があります。

「仕事の能力を⾝につける」

日本語としては、一見、問題のなさそうな文章ですが、ヤラクゼンで翻訳すると…

「The capability of work is given to *. 」

この「to *.」って、何?となりますよね。これをGoogle翻訳にかけると…

「Put on the ability of the work to ⾝」となります。

次にヤラクゼンの自動翻訳から得られた「The capability of work is given to *. 」をGoogle翻訳で日本語にすると…

「仕事の能力は*に与えられます。」

「原文の日本語(仕事の能力を⾝につける)→英語(1)「The capability of work is given to *. 」→「日本語(2)仕事の能力を*につける」」となっていますので、「身」を英語に翻訳すれば…と考えてしまいそうですが、「身=body」とすると「Put on the ability of the work to body」となり、この文章を日本語に直すと「身体への仕事の能力に置きます」と、もう片言の日本語というレベルでは語れない領域にまで踏み込んでしまっています。

この場合は、初めの日本語文章である「仕事の能力を⾝につける」の言い回しを変える必要があります。

最終的には「仕事のスキルを取得します。」と言い回しを変更し「Get the skills of the work.」と翻訳しました。この英文を再びGoogle翻訳で日本語化しても、元の日本語訳が表示されます。同じ「仕事のスキルを取得します。」をヤラクゼンで英語に翻訳すると「The skill of work is acquired.」となり、再びこれを同じくヤラクゼンで日本語化すると「仕事の技術が得られます。」となります。

これをGoogle翻訳で英語になおすと「Work of art can be obtained.」となり「art」と言う怪しげな単語が混ざります。

確認のためにもう一度、「Work of art can be obtained.」をGoogle翻訳で日本語に戻すと

「芸術作品を得ることができます。」

全く別の話になってしまいました。

その結果、日本語ページでは「仕事の能力を⾝につける」という見出しに使われた文章は、英字ページで最終的に採用する英訳は「Get the skills of the work.」もしくは、「The skill of work is acquired.」となります。

ネイティブの方がどちらを好むのか、また、どちらが正しい英文なのかは私には判断できませんが、「Get ~~」を採用しました。

WP高速表示への取り組み

ご依頼主の方で、色々試して勉強したいと言うことでしたので、サーバーは、エックスサーバーをご紹介しましたが、その他の設定はご依頼主様にお任せ致しました。

今回、制作させて頂いた翻訳機能付きのレスポンシブWEBデザインWordPressサイトはこちらです。

障害年金110番