インターネット活用、ホームページ活用で費用対効果を挙げるポイントは、さまざまありますが、大きく分けると3つに絞られると、私たちは考えています。

1つ目は、ホームページの記事数が増え、運営年月が経ち、それほど更新労力を費やさずとも過去の記事から売り上げや集客が発生し、費用対効果が上がる例。

2つ目は、売上に直結しやすい検索キーワードを見つけることができ、より検索経由のアクセスを獲得できるようになるケース。

3つ目は、リスティング広告の運用スキルが上がり、また、ランディングページの改善が進み、少ない広告コストでアクセスを売上に変えられるようになるケース。

今回の記事では、これらのインターネット活用、ホームページ運営の費用対効果を上げる3つのポイントに加え、忘れてはいけない2つの鉄則をご紹介いたします。








ホームページ活用の費用対効果を上げる1つ目のポイント

ホームページは、今は、無料で専門知識もそれほど必要なく、制作できるようになってきました。現代のホームページ制作において、自作するホームページとプロにホームページの作成を依頼した場合の違いは、以下の点に絞られるでしょう。

  1. 閲覧動線やリンクパターン構成
    どのページから、どのページに閲覧者を誘導して売上や資料請求、メールマガジン登録に誘導するかの「構成」
  2. キャッチコピーや文章デザイン
    アクセス獲得用の検索キーワード選定やSEOに関する構成
  3. 視覚的デザインとユーザーナビゲートデザイン

もはや、WordPressやWix、BASEを使えば、HTMLやジャバスクリプトなどの専門知識を必要とせず、ホームページどころかショッピングサイトまで作れる時代です。

ただし、ホームページを自作する場合は、あなた自身の「時間」が、コストとして投じられていることを忘れてはいけません。

また、先に紹介した「閲覧動線やリンクパターン」「ライティングスキル」「SEOスキル」「デザイン」は、ホームページ運営を続ける中、アクセス解析を使い、ホームページを改善していく中で身に付けることはできます。

最終的なインターネット活用の費用対効果を上げるためには、必ず自社にこれらのスキルが根付くよう取り組まなければ、インターネット活用やホームページ活用で費用対効果を高めることはできません。

ホームページ活用の費用対効果を上げる1つ目のポイントは「自社運営を目的にホームページを作成する」ということです。

ホームページの作成は「自作」か「外注」か

ホームページの費用対効果を上げるもっとも大切なポイントは、先述の通り「自社運営」です。ただし、自社運営を視野に入れたホームページを「自作」するのか、それともプロに依頼するのかに関しては、条件が分かれます。

例えば、すでに我流でもWordPressを触ったことがある場合などは、自作でも良いかもしれません。アメブロなどで「ブログ運営」を経験したことがある人でも、WordPressにチャレンジして、自作のホームページを自社運営する方が、よりはやく費用対効果を高めるための「改善」に着手できるようになるかもしれません。

また、すでにチラシやパンフレットでのセールスに成功している企業なら、多少CSSなどを学び、「レスポンシブWEBデザインとは何か」などを学ぶ期間とコストが必要になりますが、自作ホームページ自社運営にチャレンジしても良いかと思います。

しかし、これまで、たとえ、ホームページを作ったことがあり、また制作を依頼したホームページの運営を自社で行なっていたとしても、期待通りの成果を手にできていないような場合は、自社運営をサポートしてくれるホームページ作成業者に「土台」となるホームページを依頼されることをお勧めします。

土台となるホームページの原稿を書く作業は、基本的に「運営者」である、あなたの仕事になります。文章化する自信がない場合は、制作業者のヒアリングを受け、原稿を作ってもらわなければならなくなり、その分の費用が発生しますが、将来的なことを考えれば、費用対効果を上げる「期間」を短縮することに繋がることは少なくありません。








プロが書いたからと言って100%ヒットするわけではない。ヒットの裏側

しかし、どれだけスキルの高いライターでも(どちらかと言えば、スキルが高ければ高いほど、心得られているようですが…)、「文章は見込み客の反応を持って改善する」ことが基本です。「プロのライターが書いたから売れる」と言うのは、幻想でしかありません。

確かに「プロ」と呼ばれるライターは、過去にヒットコピーを生み出した経験を持っているかもしれません。しかし、彼らの多くが著書も持っていますが、これらを読む限り「ヒットした」「当たった」とは話していますが、初めから「ヒットする」確信を持ってコピーを書いている…。「私が書けば必ずヒットする」と自信に満ち溢れたセールスライターに、私は出会ったことがありません。

彼らは、下積みを重ね、「ヒットする感覚」を身につけ、その上に案件ごとの「地道」で「綿密」な調査を行い、コピー(文章)を書きます。ただ、それだけのセンスと努力があっても100%ヒットするわけではないのも事実です。

そのため、私がホームページ制作の依頼をいただいた場合には、まずは、ご自身で原稿を書いてみて(どんなことを書いた方が良いのかは、事前にアドバイスしています)、音読し、読みやすく、熱意がこもった原稿なら、十分「費用対効果を追求する改善を施すに足る文章」になるとお伝えしています。

閲覧動線やリンクパターンを自作する方法

自社運営するホームページの土台となるホームページを作る場合は、10ページ程度の小規模サイトからスタートするのが最適だと考えています。この10ページの構成は以下の通りです。

  1. トップページ
  2. 集客商品の詳細ページ
  3. 主力商品の詳細ページ
  4. 収益商品の詳細ページ、もしくは集客商品に繋がる(2)と別のコンセプト
  5. 会社概要
  6. 特定商取引に関する法律に基づく表記
  7. 個人情報保護方針
  8. 利用規約
  9. お問い合わせ
  10. ホームページを始めました(もしくは、「リニューアルしました」)のブログ記事

これらの10ページなら、閲覧動線で悩むこともありませんよね!新しいブログ記事を書く場合も(2)〜(4)のいずれかに誘導する記事内容になるでしょうし、それ以外の記事は、すべて(9)のお問い合わせページに誘導するようになるでしょう。

細かな事例や参考情報は、拙著『【改訂増補版】実践:小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴。』に書いていますので、良かったら読んでみてください。また、私は電子書籍も10数冊リリースしており、定期的に無料配信を行っています。ツイッターでも無料キャンペーンのお知らせをしていますし、メールマガジンでもお伝えしていますので、下記をフォローしていただくか、メールマガジンにご登録ください。

松村工のツイッターアカウントをフォローする

ホームページを作成する際に、決して忘れてはならない鉄則【其の1】

ホームページの制作を自作する場合でも、制作会社に依頼する場合でも「公開前に無駄に多くのページは作ってはいけない」と言うのが、第1の鉄則です。

もちろん、ポータルサイトを立ち上げたいと考えている場合は、真逆です。

ポータルサイトですから、コンテンツ数が少なければ、ポータルサイトの魅力が、全く伝わらず、単なる「小規模情報サイト」と、軽く扱われてしまい、ファンを獲得するのも難しくなります。

多少脱線しますが、ポータルサイトは、最低でも30記事はアップされた状態でサイトオープンの告知をし、プレスリリースを行なって、その後、3ヶ月間くらいは、毎日3記事ずつアップするくらいの「記事の備蓄」がなければ、いつまでたっても費用対効果を実感することはできないでしょう。

費用対を効果を上げるために「改善」は、欠かせません。「改善」を行うためには「作業」が必要だと言うわけです。

ホームページ活用の費用対効果を上げる1つ目のポイントは「自社運営を目的にホームページを作成する」ですが、自社運営を行うことによって、コンテンツ数が増え過去の記事が売上に貢献するようになって、はじめて、費用対効果が上がり出すと言うわけです。公開後、数ヶ月で費用対効果の高いホームページ活用を目指すのなら、それだけのスキルを身につけるか、最低でも300コンテンツを目標とし、費用対効果を獲得する1ヶ月前には、これらの記事をGoogleにインデックス(検索結果に表示)されるよう「作業」するしかありません。








費用対効果を上げる2つ目のポイント「キーワードを見つける」

ホームページへのアクセス経路は「検索」に限ったことではありません。SNS経由でもアクセスは発生しますし、メールマガジンを配信していれば、メルマガ読者に対し、任意のページにアクセスを誘導することは可能です。

また、第3者の外部サイトに、あなたのホームページ・コンテンツが紹介され、そのリンクを辿ってアクセスが発生することもありますし、有料、無料を問わずポータルサイトに登録すれば、そのポータルサイト経由でのアクセスが発生するでしょう。

しかし、無料のポータルサイト経由のアクセスは、無料なだけに、それほど期待はできません。有料のポータルサイトからのアクセスに関しては「数」は、期待できるかもしれませんが、ポータルサイトへの登録料や掲載場所などの広告費がかさむケースもありますので、ポータルサイトへの登録は「広告運用」に似ていると言えるかもしれません。

ホームページ活用の費用対効果を上げる1つ目のポイント「自社運営」によって過去の労力が何年も売上に繋がるようになり、サイトの更新頻度や労力を落としても過去の記事が売上を連れてくるようになれば、自ずと費用対効果は上がってきます。

しかし、ここで重要なのが「売上に繋がるキーワード」を見つけることです。

「『どうすれば売れるのか』は、コンサルに聞くより顧客に聞け」と、言ったのが誰だったかはわかりませんが、リアルなセールスの現場では、なかなか難しい「見込み客の声」の収集ですが、インターネットを使うと、アクセス解析によって、その「見込み客の生の声」を知ることができます。

極端な話をすれば、ホームページを公開していなくても、Googleアドワーズ(リスティング広告を出航するためのツール:もちろん、無料で利用可能)を使えば、あなたが参加している市場での費用対効果が高い「広告用」の検索キーワードとして「見込み客の生の声」を数クリックで集めることができます。

「広告用」の検索キーワードに騙されるな!

Googleアドワーズの「キーワード・プランナー」で知ることのできる「見込み客の生の声」は、推奨入札単価や平均検索ボリュームを表面的にみただけでは「広告用」のキーワードでSEOを行ってしまい、仮に検索1位を取得できたとしても、アクセスが発生しないという状況に陥ることは少なくありません。

Googleアドワーズ(リスティング広告)は、「入札方式」によって広告が配信されていますので、推奨入札単価が高いキーワードは、売上が発生しやすい人気のキーワードと考えても、それほど差し障りはありませんが、それと同時に自然検索ではなく広告がクリックされやすいキーワードであることも忘れてはいけないというわけです。

そのため、このような指標を目安に検索上位表示対策を代行する、成果報酬型SEO会社の「検索上位表示サービス」を利用して、費用対効果を高めようと期待しても、あなたの期待通りにはならないことでしょう。








「広告用」の検索キーワードは「目安」として

私は、インターネット活用のサポートを事業として現在9期目ですが、これまで頂いてきたご契約の9割以上が、ホームページからのお問い合わせです。残り1割くらいは、ご紹介いただいたものです。

今でも、リアルな営業はほとんどしていません(最近は、自社運営を希望しながら、依存しようとされるご契約者様が多くなってきているので、サポートを打ち切ることもしばしばで、別のことを始めていたりもしますが…(汗))。

このサイトも更新頻度は決して高くはありません。

この記事の前にアップした記事は、6週間も前です。私はネット活用やホームページに関するサイトをコンセプトに分けていくつか運営していますが、これらのサイトを全て含んでも、最後の記事をアップしてから、この記事をアップするまでに、同じくらいの期間が開いています。

なぜ、そのような運営が可能なのかというと、売上が派生するキーワードを数年前に見つけ、10年以上前から運営するサイトのアクセス解析を軸に、コンセプトを分割したホームページを立ち上げ、コンセプトがブレないように注意しながら、記事をアップするサイトを選んでいるからです。

しかし、「人気のキーワード」「アクセスの取れるキーワード」「売上に結びつくキーワード」は、時代の流れや市場の流れとともに変化します。所謂「旬」と言われるキーワードは、確かにGoogleアドワーズのキーワード・プランナーで探します。

しかし、ここで見つけたキーワードで上位表示対策を行ったり、SEOを施したりはしません。このGoogleアドワーズのキーワード・プランナーで見つけた「旬なキーワード」に付随した周辺キーワード経由のアクセスを拾う目的で記事を書き、その周辺キーワードで最も上位表示しやすいサイトを選んで、記事をアップしています。

確かに、創業時は綿密な調査と作業を行い、一発当てることができたので楽ではありました。しかし、当時一発当てるキーワードを見つける際にも、そのサイトを立ち上げる3年前から運営していたホームページのアクセス解析情報が役に立ったことは否めません。

結果的に、私は起業時にスタートダッシュを決めるために3年間、会社員をしながら準備していたことになるわけです。








検索キーワードは「サイトコンセプト」と考える

ホームページ活用の費用対効果、インターネット活用の費用対効果を考える場合、「投じる費用」もさることながら「投じる労力」に視野に入れ費用対効果を追求したほうが、改善は素早く進みます。

費用対効果を上げるためには、その前に「作業効率」を上げなければならないということです。

あなたが経営者で、直接ウェブ運営に携わらないのなら、人件費が「投じる費用」になるわけですから、作業効率の高い、スキルのある人材を獲得するか、育てるしかありません。現在は人材不足(IT関連は特に)ですから、ウェブ活用のスキルの高い人材を見つけるのは、大変なことです。

しかし、育てることは、それほど難しくはありません。

なぜなら、全てはアクセス解析が教えてくれるからです。ただし、意欲があって、やる気がある人材をウェブ担当に据えなければ、全く育ちません。

以前、あるクライアント先で「経験がある」というスタッフをウェブ担当に任命した企業がありました。しかし、昔の経験から抜け出せず、学習の意欲もなく、やる気にも欠け、9時5時の時間を埋めることにだけ精を出す人材であったため、また、担当を変える努力を、この社長は惜しんだため、ホームページはいつまで経っても費用対効果を語るどころのスタートラインに立つこともなく、契約を終了させていただきました。

多少脱線しましたが、Googleアドワーズのキーワード・プランナーを使って、(広告出稿者の中で)人気のキーワードや旬のキーワードを見つけることができたら、そのキーワードを「サイトコンセプト」とし、ホームページ運営の「軸」に据えてください。

こうすることで、ブログ記事を随時書く際に記事のテーマで悩む時間もなくなり、普段の社内活動の中から、ブログ記事になりそうなネタを上手に見つけられるようになります。

あとは、「タイピング」を続け、原稿が出来上がったら、音読し、スムーズに読める文章が書けるようになれば、それで十分です。

そこまでの経験を積めば、あとはアクセス解析データを分析する高度なスキルがなくても、サイトコンセプトとした「広告用」として人気のキーワードを軸とした、あなたのホームページにアクセスが発生している、その周辺キーワードの中から、売上につながるキーワードや直結するキーワードを見つけられるようになります。

アクセスが少ないうちから悩まない

ホームページ運営の費用対効果を1日も早く高めたいのなら、アクセスが少ない内から悩まないことです。

業種や業態、取扱商品にもよりますし、売上の上げ方にもよりますが、問い合わせや資料請求系のホームページ、また、サロンなどの接客を行う業種のウェブサイトなら月間セッション数5,000を超えるまでは、アクセス解析の細かなデータは見る必要はないと思います。

アクセス解析の活用方法を勉強する時間すら無駄と言えるかもしれません。なぜなら、その時間を使って記事を増やすことができ、「過去の記事からの売上」を発生させる「種まき」ができなくなるからです。

種を蒔かなければ、芽は出ません。実際の植物の種と同じで、その蒔いたタネは、一部を収穫しても、果実からこぼれ落ちたタネがまた目を出し実を結びます。時には、蜂や蝶、小鳥たちが花粉を運んで、知らないところで実を結ぶように、インターネットでも、あなたが知らない間に、あなたが書いたコンテンツが紹介され、その紹介された記事経由で、何度も何度も売上が上がるようになるケースだってあります。

ホームページ活用は、このようにして費用対効果を上げていくわけです。また「費用対効果が(自然に)上がっていく」わけです。








ホームページの費用対効果を追求する際に決して忘れてはならない鉄則【其の2】

ホームページの費用対効果を上げる3つ目のポイント「広告とライティングスキルの改善」に関しては、もはや、この記事で解説する必要はないでしょう。ビジネスの成果には、何十年も語り継がれている鉄則とも言える公式があります。それは「人×金×時間=成果」という公式です。

そして、この公式の「人」は「人材」を意味し「人材=スキル×スピード×作業量×意欲」という公式があります。

しかし、インターネットの登場により、またデジタル技術の革新によって、ビジネスの成果に関する公式は、少し変化が起こったようです。私が感じているインターネットを使ったビジネスを行う上での成果を上げる鉄則は、以下のような公式です。

成果=人×金×時間×コンテンツ×システム

  • 人=人材=スキル×スピード×作業量×意欲
  • コンテンツ=数×改善
  • システム=システムの制度(バグやエラーの少なさ)×運営コスト

そして、費用対効果を上げるためには、まずは、作業効率を上げる必要があり、作業効率を上げるためには「作業」を惜しんでいては、ままならないというわけです。