松村(左)

ホームページ制作を手掛ける私たちが、なぜ、ホームページの自社作成と運営管理を勧める講座を公開しているのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、まずは、そんな疑問を解決することから、この『SEO対策基礎講座』を始めたいと思います。

女性:右

ホームページを簡単に作れるツールやサービスが増えたのはわかりますが、それでもやっぱり難しいでしょうし、そもそも自分で勉強して作る時間が…

ホームページを専門知識がなくても作れるツールは、以前と比べてたくさん出てきました。WordPressをはじめとするCMS(「コンテンツ・マネジメント・システム」と、言います)も、多種多様なものが増え、何を選べば良いのか迷ってしまうと言う人も少なくないですが、それ以上に、そもそもホームページを作る作業をする時間がないと言う人、WordPressの使い方を勉強する時間がないと言う人は、いまだにたくさんいらっしゃいます。

それ以前に、たとえ、その時間を確保できたとしても、実際に素人の自分が作って本当に上手くいくのか…結局プロに任せたほうが時間の無駄にもならなかったのではないかと、迷う人も少なくありません。

と、言うことで『SEO対策基礎講座』第1回の今回は、そんな不安や悩みを払拭する内容でお届けしたいと思います。

指し棒(左)

今回は、考え方中心ですので、ホームページを自社作成する際の具体的なツールや、どこで管理するのが安全なのか。SEOを実施するために抑えるポイントなどは第2回以降を参考にしてください。

SEO対策基礎講座【第1回】ホームページ活用の基本をまず抑えよう!

SEO対策を自社運営するにしても、ホームページを自社で作成して管理運営するにしても、まずは、インターネット活用の基本を抑える必要があります。

インターネット活用の基本と言っても、実はそれほど難しく考える必要はありません。ただ、インターネットが私たちの生活に浸透して、ホームページを使ってお商売を営む人が増え、SEOやウェブ広告などたくさんのビジネスツールが増えてきたので、なぜか、難しく感じるような「情報」が出回ってしまっているだけなのです。

結論をまずお伝えすれば…

ホームページは、モノを売るツールではなく情報を開示する「媒体」でしかない。

と、言うことです。

次にSEOは、検索で上位に表示させるためのノウハウではなく、情報仲介業者であるGoogleが、適切にコンテンツの内容を理解してくれるように整えるルールのようなものです。

後ほど解説いたしますが「SEO対策」と言う言葉自体が妙な日本語ですし、「SEOに強い」という表現も、おかしな日本語です。その結果、何かしらSEOには特別なノウハウやテクニックがあるように感じてしまうだけです。

SEOとは、検索エンジン最適化のことで、なぜ、SEOを行うのかといえば、検索経由のアクセスを適切に確保するために実施するものなのです。

確かに、過去のGoogle検索エンジンは欠陥だらけでした。そのため、その欠陥をついた裏技的なテクニックを使うと、人気のキーワードで検索1位を確保することなどもできました。

インターネットを使う人も、使う頻度も今ほど多くなく、Googleも検索キーワードに対して、そして、その検索者の要望に対して適切なコンテンツを仲介する「判断材料」が、少なかったため、この欠陥を補うことが出来ていませんでした。

しかし、時代は変化し、Googleも進歩しました。何よりも私たちの生活に浸透した「インターネットライフ」は、Googleが検索者の要望に応えるための「判断材料」となるデータをたくさん提供することに貢献しました。その結果、検索の精度は日進月歩で進化してきました。

笑顔(右)

この情報処理スピードが、以前にも増して断然早なったわけですね。これに加えて検索者の検索履歴を参考にした「パーソナライズ検索」に力を入れるようになってきているので、2017年に入り「AIによる検索アルゴリズム」なんて表現が使われるようになったわけなのですね!

そして、あなたが実際に検索を行う際に感じるよう、より具体的なキーワードで検索を行なった場合と、漠然としたキーワードで検索を行った場合に表示される検索結果に対する満足度が異なるように、検索経由でお問い合わせをしてくださるお客様の性質も、検索キーワードの具体性と比例して変化するような時代に入ってきているのです。

ホームページ活用の基本は…

ホームページはモノを売るツールではなく、情報を開示する媒体でしかない。

ホームページでお客様を集めたい、商品やサービスを売りたいと強く思うあまりに、テクニック思考に陥ってしまうわけです。モノを売るだけなら、ホームページを運営するのではなく、「インターネットチラシ」と呼べるセールスページ(俗に「ランディングページ」と呼ばれる)を作って、紙広告でもテストして改善するように、ネットを使ったデジタルチラシのテストと改善を行う方がはるかに費用対効果を上げることができます。

ホームページ活用は「やった方が良いこと」より「やらない方が良いこと」の方が断然多い

私がビジネスにホームページを取り入れるようになった2003年ごろは、確かに検索システムもお粗末でしたので、発信したい情報を受け取ってもらうためには、いろいろなことをしなくてはなりませんでした。インターネット活用の中心を「検索」が担うようになると、今度は、その検索エンジンの仕様にマッチしたコンテンツを作らなければならなくなり、検索エンジンのシステム仕様変更ごとに、あれをやったり、これをやったりと忙しかったことを覚えています。

2010年にはTwitterが人気になり、2012年に入ってFacebookが、その人気を奪い始めると…と、言った感じに、ホームページにアクセスする割合は検索から次第にSNSに流れ、Googleプラスが登場してからは、Googleプラスが検索結果に大きな影響を与えるのではないかと、様々な憶測が流れ、やれSEOだ、いやSNS活用だと、情報が飛び交いました。

その後、ポッドキャストやyoutube動画、LINEに、2017年ならInstagramでしょうか、ホームページ活用はもとより、ネット活用に関するノウハウやテクニックがわんさと溢れ、きっとあなたもいろんな情報に目を惹かれたのではないでしょうか。

しかし、私は仕事柄、いろんなノウハウを持っている人の話に触れる機会に恵まれていますが、成功している人は、何か一つのことに集中しているという特徴を持っています。もしくは広く浅く満遍なく…それこそ「網羅」していると言ったようなネット活用を行なっています。

アメブロ人気もありましたが、アメブロもビジネス利用の締め出しと言う噂が流れたあとは、多くの人がWordPressに流れました。しかし、実際には今でもアメブロをビジネスにつなげている人もいます。ツイッターの時代は終わったと言う話も2013年には出ましたが、私は今でもSNSの中心にTwitterを据えています。FacebookよりもLINEと言う話が賑わった時期もあります。私の仕事柄、LINEはチャットアプリとしてしか使っていません。

2017年には「インスタ映え」が流行語にもなりましたが、私はインスタをSNS一括投稿ツールとしてしか使っていません。

ホームページ活用は、SEOが良い、SEOよりもリスティング広告だと言う議論は長年続いています。私はどちらも適宜使います。リスティング広告はテストとして使ってSEO施策の方針選定のためだけに使うと言うちょっと特異な使い方をしています。

このように、ホームページ活用やインターネットのビジネス利用に関しては、とても多くのツールや媒体、そしてノウハウやテクニックが出回っていますが、何か1つに集中して深掘りするか、自分たちの適性を整理して、使うツールと使い方を絞った方が断然スピーディーですし、費用対効果も高くなるのです。

ホームページの活用やインターネット活用は、何か1つに集中して深掘りするか、自分たちの適性を整理して、使うツールと使い方を絞った方が断然スピーディーに結果を出すことができ、費用対効果も高い。

「検索〇〇で1位」なんて、ただの売り文句

SEOサービスを提供している私たちですが、これだけは覚えておいてください。

「検索〇〇で1位」なんて、ただの売り文句です!

過去、地域別の検索結果や検索結果に検索者の検索履歴が反映されていない時代は確かに、特定のキーワードで1位を獲得できると、それなりにアクセスを集めることができました。しかし、この「〇〇で1位」は検索された地域で異なります。検索者の検索履歴やGoogleにログインしているかどうかでも異なりますし、音声検索が普及し始めた昨今では、OK GoogleかSiriかで、その結果も異なります。

そもそも、リスティング広告の利用者も増えていますし、インターネットの閲覧割合がスマートフォンに大きく偏るようになった今では、「〇〇で1位」を取れたとしても、見つけてもらうためには画面をスクロールしなくてはならない時代となりました。

そして何より、検索者の検索リテラシーも上がってきているので、漠然としたキーワード(昔で言うところの「ビッグキーワード」)で検索する人はネットリテラシーが低く、より具体的なキーワードで検索する人の方がお客様として迎え入れやすいという変化も起こっています。

ただ、ご自身の検索シーンと自社サイトが検索され閲覧されるシーンを同じように考えられない人だけが、未だに「〇〇で1位」という言葉に魅力を感じ、不毛な上位表示争いに参加しているようなのです。

呆れる松村(右)

私も2012年にはSEO業界にどっぷり浸かっていましたので、酸いも甘いも見てきました。中古ドメインスパムも実験したこともありますし、虫眼鏡スパムの販売代行を依頼されたこともあります。ちょっとマニアックな話ですが、検索候補スパム(サジェストスパム)のプレゼンも受けました。

ただ、成果報酬SEOサービス業者が謳うような「〇〇で1位」なんて検索シーンは、事実上、存在しないと言うことを覚えておいてください。

今も昔も「検索順位チェックツール」と言うものがありますが、その検索順位が表示されるのは、検索シーンの何割に当たるのでしょうか?

それよりも、あなたのコンテンツにアクセスされるキーワードの傾向を知ることが私たちは先決だと考えていますし、これがSEOの基本中の基本なのです。

「検索〇〇で1位」なんて眉唾

検索順位チェックツールがなぜ正しいと言えるのでしょうか?私とあなたが検索した結果が異なるのに、青森と沖縄で「歯医者」と検索すれば、その結果は異なるのに、なぜ、検索順位チェックツールの順位を信じてしまうのでしょうか?








SEO対策、「SEOに強い」なんて日本語は意味不明

あなたも「SEO対策」や「SEOに強い」という言葉を目にしたことがあると思います。私たちも便宜上これらの言葉を使うので、誤った認識を広めている可能性は否めないので複雑な気持ちもあります。なぜ、「SEO対策」や「SEOに強い」と言う言葉が、誤った認識を広めてしまうのかと言うと、それは、冒頭で少し触れた通り日本語として成立しない言葉だからです。
「SEO対策」や「SEOに強い」の他に、日本語として意味が通らない言葉以外にも、日本語としての意味は成立するのですが、妙に頭を悩ませる造語がホームページ活用やSEOに関する専門用語のように使われている言葉があります。

ここでは、なぜ、そのような言葉が使われているのか、そして、なぜ、それらの用語が誤認識を招いたり、誤った判断をさせてしまうのかをお伝えいたします。

「SEOに強い」という言葉が、無駄な施策を生み出している。

SEOとは、あなたもご存知の通り「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。あくまでも「最適化」ですから、強い弱いと言う評価指標ではなく、最適化「出来ている」か「不十分」かのいずれかで計られるのが「最適化」という日本語に対しては、適切な表現になります。

毎年のように、Googleの検索アルゴリズムを研究しているSEMRush社が、検索ランキングの決定要因(300種類以上あるとも言われる)を20項目前後発表するため、検索上位表示対策として影響力が大きい要素に対して「SEOに強い」というような言葉が使われると言う背景があります。

SEOを行うと、その結果として検索エンジンに評価され、検索上位表示を果たすと考えられていますので、このような思考経路が成立します。

ここで注意しなければなりません。

2017年に発表されたSEMRush社の報告によると検索ランキングを決定させる要素の中から「直接訪問」を100点と仮定した場合に以下のような要素にそれぞれの影響力があると言うデータが発表されています(鵜呑みにせずに下記をご確認ください)。

検索ランキングを決定させる10の要素:SEMRush社発表

「直接訪問」を100点と仮定した場合

  1. 直接訪問:100
  2. サイト滞在時間:90
  3. 平均ページビュー:80
  4. 直帰率:70
  5. 参照元ドメイン数:60
  6. 被リンク数:60
  7. 参照元IPアドレス数:60
  8. nofollow属性でない被リンク数:60
  9. コンテンツの量:50
  10. SSL導入:40
呆れる松村(右)

ツッコミどころ満載のデータで、まさに「SEOの専門家」を名乗る人たちが、これらのデータをもとに素人さんを悩ませるデータですね!

300項目以上あると言われる検索ランキング決定要素の内「直接訪問」は、一体何番目くらいに重要なのでしょうか。

まず、ここで注意が必要なのは、「検索経由のトラフィック」と言う項目が含まれないことです。きっと調査の方法がないのでしょう。Googleの検索エンジンは、検索者にとって有益なコンテンツを掲載することを第一の目的に据えているのは、ご存知の通りです。ですから「検索トラフィック数」が、検索ランキングの第一要素として考えるのが自然な流れとなります。しかし、この「検索トラフィック数」というデータをどうやらニューヨークにあるSEO研究第一人者として知られる企業でも測ることができない(もしくは、あえて要素として取り上げない)のです。

上記指標の主軸要素として取り上げられている「直接訪問」とは、「URLを直接打ち込んだトラフィック数」やブックマーク(お気に入り)からの訪問。または、メールに記載されたURLをタップした訪問と考えることができます。これらのアクセス数を増やそうと思えば、名刺やチラシを配ってQRコードからURLを直接タップさせたり、メルマガ読者を増やしてURLをタップさせる必要があり、その労力は「すごく大変なこと」のように感じさせます。

そのほかの要素は、GoogleAnalyticsを参考にすると、「前月比」などで改善施策を打てるので、ここでSEO専門家の出番が発生します。しかし、ちょっと待ってください。

検索ランキングの決定は…

絶対評価ではなく、相対評価

なのです。

「順位」を決定するのですから、一定の土俵(検索キーワード)において常にライバルが存在するわけです。「強い」か「弱い」かの判断も、「土俵」と「ライバル」と言う条件が揃って成り立つ表現です。よって、この「土俵」と「ライバル」と言う「相対評価」を決定する条件が整っていない検索順位決定要因というデータは、まさに「机上の空論」ということになります。(打開策は、後述)

注意!

上記データを仮に参考にするとしても、あくまでも2017年の調査結果ですので、2018年以降、どう影響するのかは未知数です。また、調査方法などが明確に掲載されることはありません。

このようなことから「SEOに強い」と聞くと、なにやら取り入れたくなりたくなる施策や対策したくなる項目として目を引いてしまうので、SEO業者はこぞって、このような表現を多用します。

SEO対策という言葉が持つ本当の意味

実は、SEOの専門家を名乗る人の多くも「SEO対策」という言葉が持つ本当の意味を知りません。実は「SEO対策」という言葉は、仮に「SEOに強い」という言葉が日本語的に成立しなくても、「SEO対策」という言葉が日本語に訳すと「最適化対策」となり、妙ちくりんな言葉になっていたとしても、このような語句で検索されるのなら、一般的に普及している言葉に合わせて、コンテンツを作るというのが、SEO対策なのです。

過去、美容メーカーのコンサルを行った時、商品名が「ゲルパック」でした。しかし、一般的には「ゲル」という言葉が使われるのではなく「ジェル」が使われていました。Googleアドワーズのキーワードプランナーを見ても一目瞭然で、「ゲルパック」よりも「ジェルパック」で検索される方が100倍以上多かったのです。

この場合、商品名は「〇〇ゲルパック」だったとしても、テキストは「ジェルパック」と記述し、コンテンツを「ジェルパック」というキーワードで最適化させるのが「SEOする」ということになります。

「コンテンツSEO」も、みなさんを惑わす新語です。

2016年か2017年くらいには、「コンテンツSEO」という言葉が流行っていました。おそらく過去の「リンクSEO」という言葉に対してコンテンツの重要性を説きたいので、この言葉が生まれたのでしょう。

平気でこのコンテンツSEOという言葉を使っている人は、一体これまでなにを検索エンジンに最適化させてきたというのでしょうか。

先のくだりにある通り、私たちはSEO対策の一環で、あえてこのキーワードを使ってコンテンツを作っています。ここで誤解が生じます。

整理しておきましょう…
私たちが使っているのは、専門用語ではなく「検索キーワード」です。

「SEO対策」「SEOに強い」「コンテンツSEO」「リンクSEO」などは、専門用語ではなく、検索キーワードです。あえて適切な日本語に置き換えるとするのなら、「SEO対策」は「SEO施策」となるでしょうし、「SEOに強い」は「検索上位表示に強い」となるでしょう。「リンクSEO」は「リンク対策」となり、適切なリンクを獲得する活動を行い、リンクファームからの嫌がらせリンクに対処すること。また、各コンテンツ同士の閲覧導線を整理し、適切なサイト回遊を訪問者に実施させる対策が、この「リンク対策」には含まれることでしょう。

そして「コンテンツSEO」とは、まさにSEOそのものを意味し、この「リンク対策」も含まれる取り組みとなります。

ん〜ちょっとややこしくて、難しかったですか?
でも、簡単に理解できることなら、誰もがSEOで苦労しないわけです。この辺りを適切に整理できている人だけが、費用対効果の高いSEO施策によって検索経由のトラフィックを獲得していることを忘れないでください。

面倒にしているのは…無駄に難しくしているのは、「翻訳コンサル(ドラえもんの秘密の道具見たいですね)」と呼ばれる現場で成果を出していない人たちですので、ここを排除すれば、あなたも簡単に検索経由のトラフィックを獲得できるようになります。

なぜ、
SEOには、妙な日本語が多用されるのか(まとめ)

  1. SEOの専門用語には、日本語として意味をなさない言葉が多く存在し、日本語として意味をなさないため、施策としても成果をあげることもなく、実態は存在しない。
  2. 妙なSEOの専門用語がインターネットに溢れる理由は、そのようなキーワードで検索されるから。このサイトでも同様に、そのような「専門用語っぽい」言葉を使っている理由は、そのようなキーワードで検索されるから。
  3. 検索されるキーワードでコンテンツを作り込むことを「SEO対策」という。
松村(右)笑顔

ここまでお読みいただきありがとうございます。
ただ、ここまでの内容を整理してしまえば、あとはとても楽ちんです。それでは、ホームページを自社作成自社管理にしても成果が出せる…そして、SEOや検索上位表示対策も専門家に依存せず自社運営できるようになるための「要因」をご紹介しましょう。

「考え方」ではなく、「このような要因が整った時代になった」ので、自社運営が可能になったという現状のご紹介です。








専門家に依存しないSEOで結果が出せる理由

ホームページの自社作成、自社管理運営が可能な時代になったということを示すためには、専門家に依存しないSEOで結果が出せるようになった「論拠」を示さなければならないと思います。細かなデータに関しては、私自身の成果にも影響するので詳細をお伝えできないことをご了承ください。

でも、可能な限り実際のデータも掲載してご案内いたします。

SEO対策で結果を出すために専門家に依存しなくて良くなった理由「其の一」

私たちは、2011年から「記事代行どっとこむ」というサイトで、SEOコンテンツの作成代行やブログの運営代行サービスを提供してきました。しかし、2014年くらいから、特にSEO施策と呼ばれる「ある種」専門的なことをしなくても、検索経由のトラフィックを集められることを実感できるようになり、今では記事代行サービスを提供していません。

『記事代行どっとこむ』は、今でも運営しています。2017年末まではサービス提供サイトとして公開していましたが、2018年に情報サイトとして大幅リニューアルを行いました。

このような背景もあり、現在私たち自身もSEO施策にこだわったコンテンツの作り込みを行なっていません。下記の表を見てください。

検索アナリティクス

この表は、私たちが運営するあるサイトのサーチコンソールデータ(検索アナリティクス)です。検索経由のアクセスが発生した上位20位までのデータを切り出して加工したものです。「クエリ数」と書かれている項目は、検索キーワードです。流石にこの情報は公開できないので、「のり弁」とさせていただきます。

塗りつぶしている箇所の色分けは、同一または類似キーワードを意味します。各項目の一番左にある塗りつぶしの色分けは、同じキーワードを意味します。2つ目以降の枠線付きの塗りつぶしには雑多な語句が入ります。

横長な塗りつぶしのキーワードの一部は、助詞を含む短文キーワードが含まれます。クリック数(アクセス数)を基準に並び替えしている表ですが、3単語もしくは短文検索でアクセスされていることがこの表から見て取れることだと思います。

このデータは1ヶ月間での集計結果ですので、月間表示回数(実質的な「月間検索ボリューム」と見ても差し障りありません)が100回以下のキーワードで多くアクセスされていることが、この表から分かるのではないでしょうか。

月間100回以下の検索しか行われないキーワードですから、特にSEO対策を意識しなくても簡単にベスト3にランクインします。

また、上記図表内の塗りつぶしに重複するひとつ目のキーワードがいくつもあることから、「同じページに類似した複数のキーワードでアクセスされている」と見ることもできますし、逆に類似したキーワードで複数のページが上位表示していると予測することができるのではないでしょうか。

この辺りは細かなアクセス解析データの解説を行う必要がありますので、本記事では割愛します。実際には、同じページに類似した複数のキーワードでアクセスされています。詳しく調べた結果、この上位20項目でアクセスされているページ数は、たったの5ページでした。

たったの5ページで、月間540件ほどの検索経由のトラフィックを発生させています。この5ページの内一番古いページは、4年前に書いた雑多なブログ記事で2番目に多いアクセスを獲得していました。一番アクセスの多かったページは、1年前に書いた画像の多いページでした。3番目にアクセスの多いページは、1番検索経由のアクセスが多い記事の過去の状況を記録した2年半前の記事という内容でした。

前月データとの比較を行いましたが、それほど大きな数値の変化はありませんでしたので、SEOを意識せずに書いた記事が、それこそほったらかしで何年間もアクセスを呼び込んでいることを明かしています。

指し棒(左)

もちろん、ここで紹介したデータは「結果が優秀なページ」に限ったデータですので、ほとんど検索経由のアクセスを発生させないページも存在するかもしれません。ですから、勝手気ままに書いた記事が数年にわたって、ほったらかしで毎月アクセスを発生させ、売り上げにつながると考えるのは早計というものです。

しかし、あなたも(もちろん私も含めて)、「どうでも良い内容」のブログ記事を書くことはないでしょう。ですから、ブログ記事には、検索経由のトラフィックを発生させる以外の役割も持たせる必要があります。

松村(右)笑顔

このことに関しては、SEO対策基礎講座第2回目以降でお伝えしますね!

ちなみに、このサイトのアクセス傾向は95%以上が検索経由のトラフィックです。ですから、どれだけSEOを特に意識しないブログを書き足していっても、検索経由のトラフィックを発生させることができるのかを知る一要素として参考になるのではないでしょうか。

10分足らずの指導での改善実績が5年で約1,500件

特にSEOの専門家に依頼しなくても検索経由のトラフィック獲得が可能になる証拠として、ここでもうひとつご紹介しておきたいのは、(手前味噌で申し訳ありませんが)記事代行サービスをほとんどご提供しなくなって以降の5年間で、それまでの数倍に当たる1,500件以上の改善報告をいただいているということです。

記事代行サービスを提供していた時には、実質的な作業が伴いますので、これほどの成果はありません。5年間で1,500件以上の改善報告をいただいているので、単純計算だと年間300件の改善報告をいただいた計算になります。この改善報告はメールやSNSメッセージ、電話、対面などさまざまです。そして、アドバイスも同様にメールやSNSメッセージ、電話、対面で行なったわけですが、そのほとんどが10分程度の簡単なアドバイスによるものです。(コーポレートサイトのトップページに掲載している『成果改善報告数』を参照)

御察しの通り、10分程度の会話や、10分程度で書けるメールやメッセージ。10分程度で読むことのできるメールマガジンの内容のSEO改善アドバイスで成果が出るのですから、「大したノウハウでもテクニックでもない」ことは、言うまでもありません。

ただ、この「10分程度」の話を参考に実践していただくための人間関係が背景にあったことは付け加えておきます。このページをここまで読むだけでも10分以上は必要だったと思います。なぜ、この『SEO対策基礎講座』の第1回目にこんなに長い「考え方」のコンテンツを作っているのかといえば、それは、第2回目以降の内容をすぐに実践して、小さくてもひとつずつ成果を積み上げていただきたいからです。

この改善報告をくださった人たちは、メルマガ読者さんだったり、私が運営するいくつかのブログの愛読者さんだったり、拙著をお読みくださった読者さんもいれば、友人や私の友人に紹介された人たち、そしてセミナーや講座を受けてくださった方々ですので、素直にやってみてくださる土壌がそこにはありました。

私はこのSEO対策基礎講座の第1回目の本記事で、出来る限りその土壌(人間関係)に近いものを、あなたとの間で培うことができたらと思い、このコンテンツを作っています。

なぜなら、今後あなたには、この記事の残り部分と、第2回目以降をお読みいただき、すぐに出来ることを見つけて実践していただかなければ、成果の改善は決して起こらないからです。本講座を読んで「なるほど」で終わらせてしまっては、何の改善も生まないことは、あなたも知っての通りです。ですから、この第1回目の記事を読んで、第2回目以降を読み実践する価値があるかどうかを、判断していただきたいわけです。

そうしなければ、このSEO対策基礎講座は、あなたにとってネット上に溢れる雑多なSEO対策記事となんら代わり映えのしない無駄な情報でしかなくなってしまい、ここまでに費やした時間さえ無駄になってしまい兼ねません。

松村(左)

それでは、私の経験や実績はこのくらいにして、SEO対策は専門家やコンサルタントに依存しなくても自社で完結できる「環境」が整ったと言うことをご紹介したいと思います。

SEO対策で結果を出すために専門家に依存しなくて良くなった理由「其の二」

SEO対策で結果を出すために専門家に依存する必要がなくなった理由の2つ目は、Googleの進化です。はじめに挙げられるのは、過去のGoogle検索システムは稚拙なシステムでしたので、検索エンジン自体が、コンテンツの内容を検索されるキーワードと適切に紐つけることができていませんでした。

そのため、キーワードがどこに書かれているだとか、キーワードがどれだけ使われていて、リンクされている文字列と検索キーワードが云々と、検索されるコンテンツとキーワードの関連性ばかりが取りざたされ、そして、Googleが適切に認識できるような「仕様書」のようなものを参考にコンテンツを作る必要がありました。

それより以前は、この「仕様書(のような)」ものすらGoogleは準備できなかったので、リンクが多ければ有益な情報だと判断してしまうお粗末なシステムでした。

それが今や、「カバン」「鞄」「かばん」「バッグ」は同じ内容を意味するとGoogleは理解できるようになり、画像とテキストのひも付けもできるようになりました。それどころか、最近のGoogle検索では「ヴィトン」と検索すると、ヴィトンの財布やバッグが掲載されたコンテンツを上位に表示するようになっています。きっとそれだけヴィトンで検索した人は、財布やバッグに関する情報を閲覧しているのでしょう。

ここでSEO対策にも非常に重要なポイントをひとつご紹介。

Googleは日常的に行われる全検索の履歴から傾向を割り出し、検索ランキングを決定している。と、言うことです。

そして注意!
先の一文で、私は「最近のGoogle検索では「ヴィトン」と検索すると、ヴィトンの財布やバッグが掲載されたコンテンツを上位に表示するようになっています。」と、書きましたが、ここには私の個人的な検索履歴が反映されている可能性は拭い去れません。

もちろん、Googleクロームのシークレットモードで検索し、ポップアップウィンドウでGoogleが検索地点の位置情報を求めてきました。もちろん「ブロック」しましたが、地図情報は私の住む福岡周辺の情報が掲載されていました。

Googleのシークレットモードを使うと「閲覧履歴が残らない」と言われていて、この言葉を全面的に信用している人が大半を占めますが、下記3ページを読むと分かる通り、各説明書きにおいて「主語」が常に曖昧であることに注意しなければなりません。

Googleヘルプ

  1. プライベート ブラウジング:https://support.google.com/chrome/answer/95464
    プライベート ブラウジングの動作の特徴
  2. プライベート ブラウジングの仕組み:https://support.google.com/chrome/answer/7440301(全文)
  3. Google Chrome のプライバシーに関するお知らせ:https://www.google.com/chrome/browser/privacy/
    全文を確認することをお勧めします。特に中盤『シークレット モードとゲストモード』は重要

そして唯一(下記3項目目のページ中盤)「シークレット モードとゲストモード」に関する記述の中で「次のような情報は Chrome によって保存されません。」と、書かれてあります。これはあくまでも「クローム」によって保存されないと記載しているだけで、Googleの検索エンジンに関するデータベースには保存されないとは一切記述がありません。

これと同様に「閲覧履歴」も保存しないと書かれていますが、これもあくまでも「クローム」に保存されないだけです。ですからクロームのシークレットモードで「閲覧履歴」を確認するタブは存在しません。

このように、Googleが個人のWEBサイト閲覧履歴や検索履歴をどこまで収集し、どの程度検索ランキングに反映させているのかは、未知数です。

松村(左)

ちなみに、あなたも「ヴィトン」と検索してみてください。それも通常モードでの検索と、GoogleChromeをお使いならシークレットモードを使った検索の2種類を試してみてください。

safariやファイヤーフォックスなら「プライベートウィンドウ」インターネットエクスプローラならプライベートブラウズを開いて検索してみてください。私が検索した時には、広告が1件。その下にヴィトンの公式サイトが表示され、楽天、BUYMAのコンテンツが2つ続いてメルカリ、そして全国展開している質屋さんのサイトという順でした(通常モードでは、BUYMAと楽天の順位が入れ替わり、BUYMAのコンテンツは1つだけでした。普段あまり「ヴィトン」やブランド品の検索はしないので、あまり変化は見られなかったようです)。

松村(右)笑顔

また、試しに「記事代行」と検索してみてください。

私の場合は、記事の代行を
ランサーズ
に依頼することがよくあるので、1位にはランサーズのサイトが表示され、シークレットモードではアフィリエイト支援のサイトが表示されていました。通常モードでは、私たちが運営している「記事代行どっとこむ」は1ページ目に表示されないのですが、シークレットモードでは7番目に表示されていました。

さて、あなたの場合は、どんな検索ランキングが並んでいるでしょう。

これが、SEOを専門家に依頼しなくてもよくなった理由3つ目です。

SEO対策で結果を出すために専門家に依頼しなくて良くなった理由「其の三」

近年、Google検索には「パーソナライズ」といって、個人の閲覧履歴や検索履歴が反映された検索ランキングが返されるようになっています。

ですから、SEO対策サービスを提供している業者さんのサイトでよく見かける「〇〇で1位」とは、どのような条件下で検索した結果1位だったのか…はたまた、その条件で検索されるシーンが、一般検索のどのくらいの割合を占めるのかが、はっきりしなければ、その特定のキーワードで1位を取る価値は、はっきりしません。

仮に1位に表示されたコンテンツがクリックされる割合を30%だと仮定しても、キーワードプランナーで表示される月間平均検索ボリュームの中から、その条件に見合う検索シーンに絞り、さらにその30%となると、どれだけの母数を確保できるのかが分からなければ、費用対効果の算定もしようがないというものです。

現代の検索シーンは、スマートフォンで行われ、スマートフォンの多くはiPhoneでしょうしAndroid(Googleフォン)でしょう。Gmailを使っている人も多いことでしょうから、検索エンジンはGoogleに自動設定されていることも多く、常にGoogleにログインした状態で検索していることになります。

わざわざ、シークレットモードやプレイベートウィンドウ、特別なアプリを使って検索しない限り、確実に閲覧履歴が反映された検索ランキングが返されます。

あなたは、それでもまだ、専門家と呼ばれるSEO業者にSEOの依頼を出して作業を代行してもらう必要性を感じますか?

専門家に頼るどころか、従来の「検索上位表示対策」自体に必要性が皆無な理由「其の四」

ご質問です!
あなたがSEO対策、もしくは検索上位表示対策をするためのキーワードを選ぶ際、どんなツールを使いますか?

きっと、多くに人がGoogleAdWordsのキーワードプランナーと答え、そのツールで示される「月間平均検索ボリューム」と「広告の競合性」「推奨入札単価(クリック単価)」を参考に攻めるキーワードを選ぶと答えるでしょう。

はい!もし、そのキーワードで1位を取った場合、スマートフォンをスクロールせずに、その1位のコンテンツを目視することはできますか?

まず、無理です。
なぜなら、キーワードプランナーで魅力的なキーワードとして選定されるキーワードには、広告が表示されるため、3件も広告が表示されれば、スマートフォン画面をスクロールしなければ、自然検索結果を見ることすらできないからです。

逆に、広告が表示されないキーワードで1位を取るのは、専門家や業者に依頼しなくても十分に達成できます。この講座でその方法をたくさん紹介していきます。

あなたは、それでもまだ、専門家と呼ばれるSEO業者にSEOの依頼を出して作業を代行してもらう必要性を感じますか?

検索上位表示対策を業者に依頼する必要なんて皆無な理由「其の五」

長年、記事代行どっとこむを運営してきて感じることがひとつあります。それは「ブログを書く時間がないので外注業者に依頼したい」と考えている人がたくさんいることです。

これは、記事代行どっとこむを2018年に改修したコンテンツの中で真っ先に書いたことでもありますが、ブログを書く時間がないということは、儲かっていて忙しいか、業務効率が悪いかのどちらかです。そんな状態で、仮に記事代行業者が作ったコンテンツからアクセスが大量発生し問い合わせや受注が増えれば、ますます忙しくなって、その対応に当たる時間がなくなってしまいます。

呆れる松村(右)

こうなれば発生するのは売上ではなく、クレームですよね?

「ブログを書く時間がない」「ネット集客をする時間がない」「アクセスアップを図る作業をする時間がない」のなら、必要なのは、SEO業者やSEOコンサルタントではなく、経営コンサルタントでしょうし、業務効率化を支援する外注業者ということになるでしょう。








SEO対策を自社完結するためのガイドライン

ここでは、このSEO対策基礎講座で取り上げる「SEO対策自社完結マニュアル」と「ホームページ自社作成運営管理完全マニュアル」の概要をご紹介しておきます。

各マニュアルの制作には今後お日にちをいただきますので、新しいコンテンツができるまでの代替え措置として、下記概要を参考に実践可能なことから始めてください。ホームページ自社作成運営管理に関しては、当ページでは割愛いたします。

ホームページ自社作成運営管理、割愛の理由

おそらくこのコンテンツをご覧くださっている人は、これからホームページを作りたいという人ではなく、すでに運営しているホームページのアクセスアップや成果改善を望まれている人のほうが多いと考えています。そのために、このページでは、ホームページの自社作成や運営管理の概要は割愛させていただき、本ページの内容を受け、今すぐ始められることと、その施策の論拠を簡潔にご紹介いたします。

ブログを書く前に既存ページの最適化を優先させよう

まずは、直近の事例からご紹介します。

本ページでもご紹介している「記事代行どっとこむ」ですが、2011年の夏に新設され、2週間後に「記事代行」で1位を取った後、約2年間その1位を守り続けました。2013年にはいり放置状態になった後もしばらく1位でしたが、リニューアル前は検索順位チェックツールで調べると3ページ目以降にまで、その順位を下落させていました。

しかし、1月3日にリニューアル公開して以降、2記事足しただけの状態(旧サイトは75ページほど)でページ数は30ページほどと減少したにも関わらず、この原稿を書いている時に、同じ検索順位チェックツールで便宜上計測した結果、1ページ目にランクインしていました(シークレットモードでは7位)。

Googleアナリティクスのデータは、まだ日数が少ないため、まともなデータを取得できていませんが、約93%が検索経由のトラフィックです。テストのため、301(もしくは302)リダイレクト設定はしていません。

旧バージョンのサイトはHTMLで作った「ベタ書きサイト」でしたが、今回のリニューアルでWordPressを導入したので、消滅したコンテンツURLはもちろん、トップページ以外ほとんどの検索エンジンにインデックスされているURLにアクセスしても「404」が表示され「該当のページは存在しません」となります。

指し棒(左)

ホームページをリニューアルしたのちに「該当のページは存在しません」という意味を持つ「404エラー」が生じることは、SEO的に悪影響だと言われます。

実は、私はこうなることを予測していました。

正確には「仮説した」と言った方が良いかもしれません。そうでなければ、リニューアルではなく、コンテンツを足したはずなのです。すでに「記事代行」というキーワードから発生するアクセスの多くは、私が望む品質を保たないとこの5年間で実感してきたことなので、1ページ目に返り咲こうと、再び1位になろうと、ある意味どうでも良いことではあります。しかし、検索ランキングを改善したいのなら、記事を足すよりも既存ページの最適化を優先させる方が成功率が高いという直近データとして、この事例は参考にしていただけるのではないでしょうか。

この旧バージョンの75コンテンツの中から改修する30ページを選択し(この中には問い合わせページやプライバシーポリシーなど、検索上位表示対策と関係しないページも4ページ含まれる)実際に作業に必要だった日数は10日程度です。

言うまでもなく、この改修作業を短期間で実施できた理由は、記事代行どっとこむは、私の管理する「自社サイト」だからです。サービスの内容も、これまでの経緯も、そして、これからの方針も全て記録に残っていますし、誰かに伝達する手間も伝言ゲームで食い違いが起こるリスクもありません。

そして、これがSEO対策成果の改善を目指す場合に、新たなコンテンツを足すよりも、既存コンテンツの改修を優先させる理由「その2」なのです。

コンテンツを足すより既存コンテンツの最適化を優先させる理由「其の二」

後の回で解説しますが、ホームページの中で、もっとも上位表示を達成しやすいのは、トップページです。そして、SEOでうまく言っているサイトは、トップページを見ると、その会社の営業方針や考え方を知ることができます(ポータルサイトは例外)。

「逆も真なり」が、ここには当てはまります。

企業サイトのトップページを見て、その会社のサイト運営方針や営業方針がわかりにくいサイトは、SEOでうまく言っていないことがほとんどです。

考える(右)

確かにこの見極めには、多少経験が必要かもしれません。

新しいコンテンツを足すと、既存の営業方針やホームページの運営方針に沿ったコンテンツでなければ、検索ランキングに顔を出す機会を減らしてしまいます(その理由は追々)。今のホームページの状況に満足できていないということは、ホームページの運営方針がSEOされていないということです。

そのため、サイトの運営方針がSEOされていない状況で、SEO要素として指摘されている項目だけ最適化しても、検索ランキングの改善にはつながりません。

ましてや、ブログ記事は、検索経由のトラフィックを獲得する以前に、トップページからのアクセスやSNS経由のアクセスが発生しますので、「事前情報」を踏まえた閲覧が行われます。もし、運営方針を変えた新しい考え方や営業方針に則ったブログ記事を書いた場合、トップページやSNSを通じて訪問者が感じている「御社の姿勢」「御社の考え方」とミスマッチが起こり、新しい記事に対して違和感を感じるようになります。

閲覧者が、コンテンツへの訪問中に違和感を感じれば、「離脱」するのは当たり前です。せっかくたくさんの情報を掲載しても、そのたくさんの情報を受け取るだけに必要だとGoogleが予測した滞在時間よりも極端に短いセッション時間しか、そのコンテンツに滞在していなければ、そのコンテンツは「役に立たないコンテンツ」と判断される可能性が高まるでしょう。

結果、そのブログ記事や新しいページが検索ランキングに顔を出す可能性も低くなります(と、私たちは考えます)。

これに引き換え、既存コンテンツの改修は、Googleにコンテンツ内容が変わったことを知らせることになるため、Googleはその新しくなったコンテンツを、どんなキーワードでインデックスするかを判断し、データとして蓄積します。仮に、そのリュニューアルされたコンテンツの分類も既存インデックス状況と似たデータであるのなら、従来通りの検索ランキングで引き続き表示させることでしょう。

このとき、「従来の検索ランキング」は、閲覧履歴や検索履歴も加味したランキングとして反映されますので、過去のデータよりも滞在時間やセッション時間、ページビュー数が上がれば、そのコンテンツの有用性は向上したとみなし、検索ランキングが改善されることが見込まれます。

そして、この仮説が、今回の記事代行どっとこむのサイトリニューアルでは功を奏したということです。

既存コンテンツを改修する際に押さえておきたい3つのポイント

SEO対策基礎講座第1回目の最後に、既存コンテンツを改修する際に押さえておきたい3つのポイントをご紹介し締めくくります。

作業の流れ的には、以下の通りとなります。

  1. トップページからの閲覧導線を設定する
  2. トップページと「次に読ませたい」ページを改修する
  3. データ蓄積を待ち、改善状況を踏まえ、次の方針を決定する。

それでは、ひとつずつ解説いたします。

松村(左)

下記の解説は、あくまでも「現状に満足できていない場合」ですので、成果改善が目的の場合に限ったことです。「成果補強」に関する施策に関しては、次回以降を参考にしてください。

トップページの閲覧導線を設定することを「サイトSEO」と言う

検索エンジンは、ウェブサイト全体と各コンテンツの関係性を評価する前に、コンテンツ単体を評価します。その後、検索経由のトラフィック状況や閲覧状況などを加味し、インデックス後の評価を変動させているようです。

閲覧状況の評価には「直接訪問」も加味されます。また、名刺やチラシなどオフラインからホームページにアクセスされる際、もっとも多いトラフィックを獲得するのが「トップページ」となります。このため、ウェブサイトのトップページは、「もっとも高い頻度で検索エンジンの評価変動を受ける」と考えられます。

また、ウェブサイトのトップページに、訪問者の求める情報を網羅させることは困難です。そのため、必然的にトップページの役割は、「概要」もしくは「誘導文」を掲載して、「次のページ」にナビゲートする役割を担うこととなります。

こうすることで、トップページへのアクセスから、そのほかのページの閲覧履歴データをGoogleに蓄積させます。

SEOに関するノウハウのほとんどは、「検索ランキングにいかにして表示させるか」と言うことばかり取り沙汰されますが、検索エンジンは、ユーザーの「閲覧履歴」を反映させるパーソナライズアルゴリズムを導入している以上、サイト内を回遊させ、その閲覧履歴を蓄積させることも、SEOなのです!

トップページから、次に閲覧させたいページを決めたら、その優先順位を決定し、トップページの構成を以下のように構成します。

トップページのSEO対策基本構成

  1. 導入文
  2. 次に閲覧させたいページ「トップ3」へ誘導する文章とリンクボタン
  3. トップページ閲覧者への情報提供
  4. (3)を受けて、詳細に踏み込んだコンテンツへの誘導(1ページのみ)
  5. 問い合わせページへの誘導
  6. 「次に読ませたいページ」の優先順位4位と5位のページへの誘導文章とリンクボタン
  7. トップページへの訪問が2回目以降の人に最新情報を提供するための文章
  8. 最新ブログ記事へのリンク(3件ほど)

このサイトでは、上記(2)と(6)の誘導ページ数を入れ替えています。

上記構成をもとに、そこに記載する誘導文章を包括するテーマを決定し、トップページの「タイトル文章」を決めます(25文字程度32文字以内)。この時に決定する「テーマ」が、そのウェブサイトを象徴するキーワードになります。

指し棒(左)

昔ながらの考え方で言うと、ここで設定するキーワードは「ビッグキーワード」と、呼ばれる部類に属しても構いません。

もちろん、そのキーワードで上位表示を狙うわけではありません。サイトを成長させる中で、上位表示できればラッキー!と、言う程度に考えてくださいね!

タイトルが決まれば、そのタイトルを説明する文章と、そのキーワードに興味を持つ人に対するメッセージ文を150文字程度で作文します。この文章が、ページの説明文「メタ ディスクリプション」となります。

次に、先に挙げた「トップページ構成」に合わせて見出し文を作文します。

ここまでの構成とタイトル文章や見出し文、誘導文章を見ながら、トップページの内容が、あなたの会社が採用している「営業方針」「営業フロー」に沿っているのかを確認し、修正を加えます。

以上が、トップページの改修作業となり、トップページから次に閲覧させるページへのリンク構造を最適化するこの作業が「サイトSEO」となります。

トップページの次に読ませたいページを改修する

「トップページの次に読ませたいページ」は、トップページの上部に設置する「メニュー」にリンクがあるページではなく、本文に掲載されるページ(上記トップページ構成を採用した場合なら、「2」「4」「6」の合計6ページ)だけです。

各ページの「ページタイトル」と「ページの説明文(メタ ディスクリプション)」が、トップページのテーマに付随しているのかを確認し、作文します。

「ページタイトル」と「ページの説明文」は、検索結果に表示されるだけで、ページにアクセスしている時には読まれません。そのため「見出し1(H1)」タグなどを使って、訪問者に「あなたはこのページに興味がありますか?」と、問う意味も含め、そのページが示すメインテーマ、または、もっとも伝えたいメッセージキーワードを含む一文で作文してください。

松村(右)笑顔

Googleは「『見出しタグ(H1やH2など)』は検索ランキングの決定要因ではない」と言われていますが、そんなことは気にしないでください。あくまでも、閲覧者に「見出し」が必要なので、見出しを準備するだけです。

その「見出し文」が出来れば、次は誘導文です。

見出し文を読んだ人に、読んで共感を得ていただけるような文章を作文し、本題へと誘導します。その後のコンテンツは、あなたがお客様にお話しするような流れで、ページを構成してください。

ページの最後には、さらに詳細を伝える必要がある閲覧者向けに(トップページから数えた3ページ目)読ませたい記事への導線を設置します。

そして、決して忘れてはいけないのが、2ページを閲覧し情報を得た訪問者に起こしていただきたいアクション(問い合わせや、資料請求、商品の購入やご予約など)を1つだけ提示し、そのアクションを実行させるボタンや電話番号を記載したバナーを掲載してください。

トップページの次に読ませたい全6ページを上記の手順で改修を行ったら、初回のホームページリニューアルは完了です。

旧バージョンのトップページと比べると、トップページから移動できるページの数が大幅に減る場合もあり、もしかすると、「リンク切れ」を起こすページが続出するかもしれません。しかし、気にする必要はありません。

それまでは、トップページからの「閲覧導線」が多すぎたために、あなたが満足できる成果を手にできなかったのです。そんな優先順位の低いページにまで気を回す必要はないのです。仮に、それらの「リンク切れページ」が、優秀なコンテンツだったとしたら、次のデータ収集期間の中で、ちゃんとアクセス解析がそのことを教えてくれるようになります。

改修後のデータ蓄積期間は、とても重要

トップページの改修と、次に見せたいページ6ページを合わせた7ページの改修が完了したら、「ホームページをリニューアルしました」のブログ記事を書き、最低2週間のデータ蓄積期間を設けます。

指し棒(左)

このとき、Google Analyticsの導入とサーチコンソールの導入、サイトマップの送信は忘れないでください。

「ホームページをリニューアルしました」のブログ記事には、過去のお客様に対する反省と、改善点をあなたの思いも含めた平易な文で作文し、SNSやメールマガジンで告知します。

協力を仰げるのなら、社内のスタッフや協力会社の方々にも拡散協力を仰ぎましょう。ホームページリニューアル後のアクセスデータ蓄積期間は、ブログ記事を足さず、他のページに修正も加えず、通常業務に専念してください。

データ蓄積期間に入りまずは2週間がすぎたら、アクセス解析に変化が起こっているかをチェックします。

意図した通りの変化が起こっていれば、初回のリニューアル作業で手を加えなかったページを改修して、3ページ目に読ませたいページを充実させた方が良いのか、それとも最新情報を掲載したブログ記事を追加した方が良いのかが明確になります。その状況に応じて、次の作業に入ってください。

もし、意図したような変化がアクセス解析データに出ていなければ、初回の改修作業で手を加えていなかった「2」「4」「6」の本文を見直し、各ページのテーマに沿ったコンテンツになっているのか、そのページを最後まで読んだ訪問者に適切な「出口(アクション)」を提供できているかを確認し、改修作業を行ってください。

アクセス数が少ない場合でも、あまり長い期間「データ蓄積期間」を確保する必要はありません。

今回は、「概要」にとどめましたので、さらなる詳細を確認した後に作業を始めたいという人は、SEO対策基礎講座「第2回」以降を参考にしてください。

新たなコンテンツの追加は、メールマガジンFacebookTwitterGoogleプラスで告知いたしますので、お好みの方法をフォローしてください。