読者を惹きつけるブログ記事を書くことができれば、その記事を読んでいる人に「疑似体験」してもらうことができるようになります。

特に、イベント後記的なブログ記事などでは、読者がブログを通じて疑似体験できるような記事が書けると、次のイベントに参加してもらいやすくなります。

これと同様のことを、私はその昔「住宅建築」で行い、ブログ記事から住宅建築の依頼などを獲得していました。
ちょうど先日、勉強会やワークショップの講師を務めるクライアントから、文章指導の相談があったので、その時のことを踏まえながら、読者を惹きつけるブログ記事の書き方と、どうしても「セールス」のような記事になってしまう「癖」みたいなものをご紹介します。

ブログ記事に「イベント後記」を書いて、集客できるのか

このエントリーにたどり着いて、読者を惹きつけるブログ記事は書きたいけど「イベント後記」的な記事を書いて、そもそも集客や売上に繋がるのか?と、疑問を持たれる人も少なくありませんよね。

それよりも、そんな「日記」みたいな記事を検索エンジンが「有益な情報」と、判断してくれるのかよ!と、思う人も、いるかもしれません。そこで、まずは、なぜ「イベント後記」的なブログ記事が、検索エンジンにも好まれ、検索者の目に止まり、読者を惹きつけるブログ記事になるのかから解説したいと思います。

松村(左)

これが、本当なら、今までより楽にブログ記事が書けるようになりますよね!

検索者は情報を探してはいるが、売り込まれたくない(広告枠は別)

ここではまず、検索結果における検索者の心理状況とアクセス経路に関しておさらいしておきましょう。

「アクセス経路」というのは、検索結果経由であなたのWebページにアクセスされるのか、それともSNS経由なのか、はたまたメルマガやチラシに書いたURLやQRコードなどから、直接アクセスされるのかと言った、アクセスが発生する場所のことです。

検索の場合は、検索結果には「広告枠」とそれ以外のいわゆる「自然検索枠」の2種類があります。「広告枠」の結果をクリックする人は、その場所が広告だと知らない人(最近はほとんどいないでしょうが)と、購買意欲が高い人がクリックします。ブログ記事をわざわざ検索広告に出す人はいないでしょうから、ここに関して今回は割愛します。

しかし、同じ広告でもFacebook広告の場合は少し違います。

Facebook広告には「広告」と、記載されますが通常の投稿と同じようにタイムラインに流れます。そのため、広告としてブログ記事リンクを出稿し露出を高めることは、検索広告よりかは有効です。

広告予算に余裕があったり、そのブログ記事からセールスページへの誘導実績がアクセス解析などから確認できた記事をSNS広告に当てて露出を高めることは有効な手段だといえます。

この検索結果の広告枠をクリックする際と、検索結果の自然検索枠やSNSへの投稿、SNS広告をクリックする場合とには、リンクをクリックする心理に大きな違いがあります。

検索の場合を見ると、広告枠をクリックする検索者は購買意欲が高いですので、この場合は「イベント後記」的な体験談は必要ありません。しかし、広告も表示されている検索結果上の自然検索枠をクリックする検索者は、情報を探しているだけで、まだ「買う準備」は、出来ていない状況です。

「買う準備」ができていないということは、何を買うべきなのか、その必要なものは、そもそもお金青払う必要があるのか、はたまた、どのくらいの金額がするのかなどの情報を集めている段階です。

逆に「買う準備ができている」という状態は、これらの情報が全て揃った状態を意味します。最終的には購買者が「満たされた」と、感じている情報の範囲内で購買活動が行われます。更に言えば、情報が氾濫している今の時代ですので、いざ、購買に踏み切ろうとした際に「自分が集めた情報は、本当に足りているのか?」と、不安がよぎるためセールスページ上でも購買を躊躇します。

指し棒(左)

そのため、セールスページにも「情報」が、必要なんですね!

そのため、広告も掲載されている検索結果の自然検索枠に表示される、ページタイトルや説明文(ディスクリプション)に、売り込みと感じられるような文言が含まれると、クリックされない確率を引き上げます。








自然検索結果でクリックされやすい記事タイトルの付け方

広告が掲載される検索結果で、自然検索枠をクリックする人は「買う準備ができていない人」と、仮定すれば、体験談的なタイトルやイベント後記的な「売り込みを感じない」タイトルは、比較的クリックされやすくなります。

例えば、同じようなイベント後記的なブログ記事を書いたとしても…

『コスメ体験会に参加した7割の人が、効果の違いを実感!』だと、売り込みを感じますよね。同じようなコスメ体験会のイベント後記的な記事を書く場合なら『長崎で開催、笑いあり涙ありのコスメ体験会となりました』(ちょっとインパクトに欠けますが…)と、することで「へぇ〜長崎でコスメ体験会があったんだ」と、事実だけをまず確認でき、その後「笑いあり涙あり」のコスメ体験会ってどういうこと?と、興味を引き立てます。

笑顔(右)

正直にいうと「笑いあり涙あり」と、言ったありきたりな言い回しは、反応率を下げます。

次に先のタイトルだと「7割の人が効果を実感」と、セールスライティングでよく言われる「明確な数字」なんかが使われていて、魅力的なタイトルのようにも感じますが、クリックする人は「買う準備は整っていない人」ですので、ちょっと刺激が強すぎます。

コスメ体験会では、スキンケアや紫外線除去のファンデーションも体験できれば、シミを隠すBBクリームなんかも体験でき、化粧水やグロスなどといろいろ体験できたはずです。先のタイトルでは「何に関して」「効果の違いを実感」出来たのかを、タイトルとディスクリプションだけで伝えることはできず、伝えたとしてもターゲットを絞りすぎてしまいますので、ブログ記事の内容もセールスに近い内容になってしまいます。

そして、ターゲットを絞りすぎると、そもそものブログ記事が書けなくなってしまいますよね。

ターゲットを絞ることで、セールスライティングは成果を上げやすくなりますが、買う準備が整っていない人に対しては、何の意味もありません。ましてや、コスメイベントの場合は、さまざまなジャンルのコスメを体験できるイベントですので、ターゲットを絞ってしまうと、逆に集客数を減らす危険もあります。

第一、セールスライティングなんて難しいことを考えながら、ブログ記事を書きたくはありませんよね。

そこで、事実をそのまま伝えて、その時の雰囲気を読者に疑似体験できるようなブログ記事と、その様子を表すタイトルが「買う準備が整っていない人」を惹きつけやすくなるわけです。

イベント後記的記事の出口は自由自在。

イベント後記的な記事の「出口」というのは、記事を読んでもらった人に「次にどんな行動を起こすのか」と、言うことです。「ブログを読んでハイおしまい…」では、何のためにその記事を書いたのか意味がわかりませんよね。

そのコスメイベントで販売していた、コスメのセールスページに向かわせたいのか、それとも次のイベントに参加してもらいたいのか…。

ターゲットを絞ったり、話題を絞ったブログ記事には出口が1つしか準備できませんので、成果率も下げてしまいます。そのためイベント後記的な記事だと、それぞれの段落から、それぞれの出口を提示して、各段落に引き込まれた読者を適切な出口に誘導することができます。

先の「7割の人が効果の違いを実感」と言うタイトルも、コスメ体験談イベント後記記事の段落タイトルとして使うことはできるんです。

その場合は、「BBクリームブースは一時、大爆笑に!その理由は」として、シミに悩んでいた人が、さっとひと塗りしたBBクリームでキレイにシミをカバー出来てしまったんだけど、右側だけ塗っていたので、シワはカバーできても、どこか笑える顔になってしまった…
それを隣にいて振り返ったスタッフに指摘されて、笑いながら慌てて左の頬に塗ったらシミはカバーできたけど色違いのBBクリームだったもので、インディアンみたいなメイクになってしまい、お友達同士で大きな笑い声が上がったんです…と、

その時の写真を載せながら、会場の楽しさを伝えるだけでも、自然とそのBBクリームの使用前、使用後の写真を掲載することができます。

ただ、これだけでは、読者はホッコリして記事を読み終えるだけですので「その他の体験エピソードはこちら」として、セールスページの上部にコスメ体験会で撮影した体験者動画を2、3人分掲載すれば、スムーズにセールスページを読み進めさせることができます。

しかし、BBクリームやシミに興味のない人は、ざっとその段落を読み次に進みます。

セールスページやセールス色が強い場合だと、このBBクリームのこと以外は書けなくなりますし、無駄に特定のキーワードで上位表示を狙うような記事を書く場合は、そのほかのコスメに関する記事は書けません。

しかし、イベント後記記事なら、イベントの全体的な雰囲気を伝えることが目的ですので、グロスブースのこともかければ、化粧水ブースのエピソードも書くことができます。

セールスブログとの違いは、あくまでも「イベントの雰囲気」をお知らせし、その出口として、関連するセールスページにアクセスを誘導すると言うだけです。

指し棒(左)

Facebookへの投稿やFacebook広告との相性も上がります。

記事の最後は「最新のイベント情報はFacebookでも発信しています。下記にある私たちのFacebookページをいいね!してください。」と、締めても何も問題はありません。

読者を惹きつける記事が書ける人と、どうしても売り込み記事になっちゃう人の違い

この「イベント後記」記事を書く際に「読者を惹きつける」か「セールス臭く」なるかの違いは、参加者にフォーカスした記事を書くか、それとも商品やサービスにフォーカスした記事を書くかで分かれます。

実際、イベントでの販売も、商品にフォーカスするよりも参加者にフォーカスして接客するほうが会場での売上を伸ばします。「営業」と、同じです。

セールスページとは「セールスされたい人(買う準備が整っている人)」にセールスするものです。コスメ体験イベントや〇〇勉強会は「体験」することや「勉強」することが目的で、そのイベントや勉強会で買い物をするために参加していません。それは、たとえ主催者が何かを売るためにイベントや勉強会を主催していたとしても、同じことです。

ですから、体験したい人は、体験するまでは「買う準備が整っていない」わけです。勉強したい人は、勉強して情報を増やし、情報が満たされて初めて、その勉強会で販売されている商品を買うわけです。

ですから「買うために必要な情報が足りていない人」が、広告も掲載される検索結果の中から、わざわざ広告枠ではなく自然検索枠を選ぶのですから、その人と同じ体験をしたであろう人(出来れば、その後商品を買った人)たちの様子を事実のまま伝えれば、疑似体験をした読者は、その出口の指示に従って、商品を買ったり、次のイベントに参加申し込みをしたり、Facebookページにいいね!をしてくれるわけです。

イベント主催者によくあるお話

今回相談を寄せてくれたクライアントは、イベントや勉強会をよく開催しているのですが、特別に売り込んでもいないのに、いつも、物販は好調なんで、インターネットでどうセールスすればいいのかよくわからない…と、言います。

私は彼女に「いやいや、それがセールスだよ」と、話すのですが、インターネット上にある気の利いたセールスページのように、売ることにフォーカスした記事を書いたほうがネットでも売れるんじゃないの?と、後に引きません。

もちろん、そんな気の利いたセールスページを掲載すれば、売れるかもしれません。ただ、問題は、そんな気の利いたセールスライティングができるのか?と、言うことです。

売り込んで売る方法と、売り込まずに売れる流れは、大きく違うんです。

たとえ、同じ「売る」と言う行為でも、まったく違います。

簡単に言うと、私がよくやるウェブ戦略もそうなんですが、売り込まずに売るというのは「買える状態」を整える。または増やし続けることがポイントになります。これに対して「売り込んで売る」通常のセールスページなどに見られる売り方は、広告を改善しセールスページやコピーを改善し、データをもとに、その「成果率」を引き上げることに注力して運営します。

費用と労力のバランスは、どちらも大して変わりません。

難しいことや新しい学びを深めずにあなたが、あなたのお客さんのことだけに集中して今からでもすぐに始められるのは、前者の「買える状態を整える」方法です。

イベントや勉強会だけではなく、接客した時のことを思い出し、そのことを素直なプラスの感情で事実を伝えるブログを書く。そして、その記事とマッチした出口を読者に提示して、販売ページにアクセスさせたり、問い合わせページに誘導したり、お店に誘導する「出口」を設置する。この「出口を設置する」ことこそ、「買える状態を整える」ということで、そのようなブログ記事を書いていくことが「買える状態を増やす」ことに繋がります(その結果「直帰率」を改善することにもつながります)。

笑顔(右)

さて、この記事の出口は、何にしましょうかね(笑)

特にセミナーを開催する予定もありませんし、新刊本は7月の予定ですから、まだまだ先…と、いうことで、この記事を気に入ってくれたら、下記のFacebookページに「いいね!」を、してください。

このサイトは八方よしの経営戦略を実践する「ボナッポ」が、運営しています。ボナッポってなんだ?と言う人も、ぜひ「いいね!」よろしくお願いします。Facebookページでは、このホームページ運営に関するブログ以外にも、出版やマネジメント、プロモーション方法や新たなメディア活用など、あなたのビジネスにお役立ていただける記事の最新情報を掲載しています。