松村(左)

前回のサイトリニューアルに関する記事でも少し触れましたが、この記事を書いている中で、書ききれなかったことについて、お話ししておきたいと思います。

私自身、サイト運営の根幹にSEOをおいていますので、基本的に幾つかのサイトをテーマ別、目的別に運営しています。その理由はテーマを絞って書くサイトを運営することで、サイトの運営に「迷い」を生じさせないためです。

ただ、正直にお話しすると、このホームページ制作専用のサイトに関しては、試行錯誤というよりも「迷い」のほうがこれまで多かったと感じます。

その証拠に、このサイトでの「ファーストトラフィック」は、微々たるものでした。

この「ファーストトラフィック」という言葉も耳馴染みのない言葉だと思いますので、「サイト運営の迷い」と合わせて、解説して行きたいと思います。

サイト運営には大きく分けて2種類ある

WEBサイトの運営方針には、大きく分けて2種類があります。ひとつは、ホームページを1つだけ準備し、ビッグサイトを育てて行く方法。そして、もうひとつは、私も取り入れている「目的別に専門サイトをいくつか立ち上げ、相乗効果を図りながら運営して行く方法」です。

ビッグサイトを運営するメリットは、「適切に」という枕詞は必ずついてしまいますが、適切に運営していけば、サイトのページボリュームに比例するかそれ以上にトラフィックを呼び込むことができます。ただ、そうは言ってもページの追加ペースを落とすと徐々にトラフィックは減少して行きます。この場合は、過去記事をSNSに投稿してトラフィックを呼び込むか、定期的に広告などを出したり、ポータルサイトなどに投稿して、ページの追加以外のトラフィック獲得作業を行う必要はあります。

ビッグサイトを運営するデメリットは、ビッグサイトに育つまでのトラフィック獲得が検索経由では望みにくいことです。一旦「ビッグサイト運営」という方針を決めると、サイトないテーマはより包括なテーマで運営され始めます。

このテーマが「顧客視点」での、ビッグテーマならまだ良いのですが、細々とした顧客視点のテーマを包括したテーマを決める際に「私たちの会社」というようなテーマに落ち着いてしまっているケースは少なくありません。

考える(右)

これ、なかなか本人たちには、気付けてないんですよね。

ビッグサイトを運営する際には「SEOテーマの飽和」や「崩壊」は、当たり前のように起こります。この時の「サイトテーマ」と「SEOテーマ」の違いは、検索エンジンが、あなたのサイトをどんなキーワードで認識しているのか、そのキーワードは1つのテーマで括ることができるのかを調査することで調べることができます。たとえ運営者が「サイトテーマに沿った運営を行なっている」と自覚していたとしても、検索エンジンから見れば「テーマが崩壊している」と認識されていれば、それはキーワードレベルでのSEO出来ていないWEBサイトとなります。

キーワードレベルでのSEOがなされていないサイトが、検索経由のアクセスを獲得する方法は、サイト全体で圧倒的なトラフィックを獲得し「人気サイト」と検索エンジンに認識されることです。このように認識されることで、細々した検索キーワードでの露出機会を圧倒的に増やすことができます。

ビッグサイトの運営を私は「トラフィック獲得型運営」と、呼んでいます。広告収入をメインとしたサイトや商品ラインナップが多い通販サイトなどは、このような運営方針が好ましく、リスティング広告を絡めたSEOを実施し、費用対効果を高めて行くことが重要になります。言うまでもなく立ち上げ当初、コストを投じて数100ページのサイトでスタートするか、立ち上げ当初の収益は我慢し、数100ページのサイトに育つまで頑張るかのどちらかを選択し、1,000ページを超えるサイトに達しなければ、期待した成果を獲得することは難しいでしょう。

私の知る限り、1,000ページを超えるサイトに育つ前にリスティング広告で収益化させるサイトのほうが圧倒的に多いのではないかと思います。リスティング広告は、代理店に委託したとしてもデータのチェックは怠らず進行し、そのデータに合わせて自然検索経由(検索の広告枠以外から)のトラフィックを獲得するコンテンツを追加するように心がけてください。

専門サイトの運営は、キーワードを絞り上位表示させやすくするためではない

私も好きなサイト運営方針が、この専門サイトをいくつか立ち上げ、それぞれのサイトに相乗効果を持たせるホームページ運営方針です。

以前、SEO界隈では「専門サイトは上位表示させやすい」という話題が賑わっていましたが、この話題が国内で賑わった当初から理論には矛盾があり、1年も経たずに専門サイトに検索経由のトラフィックが流れなくなるという相談をいくつも受けてきました。

その理由は、検索エンジンがもっとも重視している「トラフィックの獲得」を彼らが支持していた専門サイト運営方針では無視されていたからです。

一般的に専門サイトは、ある絞られたひとつの「検索上位表示を狙った」キーワードで作成されます。このサイトに「更新頻度が重要」と言った都市伝説的なSEO要素を足すために、類似コンテンツを増やす結果になるか、サイト内キーワードの矛盾がおきます。その結果、目標キーワードでの上位表示を果たせなくなり、Googleからも「あざとい」施策を講じているサイトだというレッテルを貼られ、ロングテールキーワードでの検索トラフィックも獲得できなくなるのです。

また、SEOマニアの間では「専門サイト同士をリンクで結んではいけない」や「専門サイトをGoogle関連に登録してはならない」と言われています。その理由は、それぞれの専門サイト内に掲載せざるを得ない「共通コンテンツ(会社概要など)」や「類似コンテンツ」を別々の運営者だと検索エンジンに認識させるために、リンク経由でGoogleに各専門サイトの関連性を察知させないことが目的です。これと同様にGoogleアナリティクスに登録することも、自らGoogleに類似コンテンツを掲載している専門サイトを運営していると手を挙げることに繋がるため、このようなことが言われています。

指し棒(左)

こう言った方針でホームページを運営するのなら、言うまでもなく広告もNG対象となります。

それぞれの専門サイトに相乗効果を持たせることもできず、リスティング広告も出稿できないとなれば、作業対効果は低くなって当たり前です。

福岡にある不動産会社に専門サイトの運営を進めた理由

先日、福岡にある不動産会社からホームページのSEOに関して、相談をいただきました。物件を紹介するCRM(顧客管理システム)と連動したサイトを運営していたこの不動産会社は、検索経由のトラフィックが獲得できずに、私のところに相談にやってきました。

福岡県下の物件を紹介するCRMヒモ付きのサイトは、いわゆる「データベース吐き出し系」のWEBサイトで、キーワードを狙い撃ちするようなサイト運営には不向きです。SEO的にも類似コンテンツが無作為に生成されてしまうため、作業効率は劣悪になります。

ましてや物件紹介系のWEBサイトには数千ページを有する大手不動産メーカーのポータルサイトなどがひしめき合い、不動産業という特質から、それらのコンテンツと同様の物件を紹介しているページまでも存在します。

このようなケースの場合は、各物件ページにオリジナルなコンテンツを掲載するシステムになっているか、また、任意のテーマで各物件ページをカテゴライズし「カテゴリーページ」を作ることができるのかが、検索経由のトラフィックを獲得するための条件になります。

このような条件が揃わない場合なら、私は迷わず、別サイトを立ち上げます。

指し棒(左)

間違わないでくださいね!専門サイトではなく「別サイト」を立ち上げるのです。

別サイトを立ち上げる理由も、『各物件ページにオリジナルなコンテンツを掲載するシステムになっているか、また、任意のテーマで各物件ページをカテゴライズし「カテゴリーページ」を作ることができるのか』という条件も、理由は同じです。ライバル不動産と異なるアプローチキーワードからトラフィックを獲得するために、このような施策を講じるわけです。そうでなければ、ポータルサイトに登録するかリスティング広告が有効になります。

私がこの福岡にある不動産会社に専門サイトの立ち上げを提案した理由は、別にあります。

よくよく話を伺うと、不動産「紹介」業よりも不動産「売買」のほうが収益性に優れており、その中でも不動産「買取」業がもっとも効率よくビジネスを進められるとのことだったからです。

福岡県下に不動産を売却したいという層が、そんなにいるものなのか!福岡県という限られた地域だけで、幾つもの企業の需要を満たすだけの地主や土地、物件があることに私は驚かされました。それ以上に物件紹介サイトの中に「不動産買取」用のコンテンツが掲載されていることに驚きました。

どれだけ驚かされたかと言うと、相談者から指で指し示されるまで、そのコンテンツを見つけられないくらい、目立たず、その1番の収益性を誇る事業が、唯一運営しているホームページに掲載されていたのですから、驚き以外の何物でもありませんでした。

そこで、現存するホームページから買取業に関連するコンテンツを削除し、別途「買取専門」のウェブサイトを立ち上げることを提案しました。

物件紹介サイトと買取専門サイトで相乗効果を生むには

この福岡にある不動産業者が物件紹介サイトと買取専門サイトを運営したところで、検索エンジンに「類似性」を非難される心配はありません。会社概要も電話番号と住所や代表者氏名以外、全く異なるコンテンツを掲載することもできます。

対象となる検索キーワードも棲み分けが可能ですから、Googleが類似コンテンツとしてインデックスするようなことはありません。仮にインデックスしてしまうほど、未だに検索エンジンがお粗末だったとしても、是正されることは時間の問題です。ただ、すでにその心配はありません。そう言い切れる理由は「不動産買取系」広告に物件紹介の広告が出ていないからです。

余談ですが「賃貸アパート」と「賃貸アパート経営」も、Googleは区別出来ています。

笑顔(右)

ただ、面白いことに「マンション 買取」には、「マンション 売却」の広告が掲載されます。「買取」を希望している検索ユーザーに対して「売却」を進めている不動産会社の広告が出るのですから、妙な話ですよね。

このように、キーワードの識別をGoogleが適切に行えているキーワードなら、専門サイトをいくら立ち上げても問題はありません。不動産を売却したい人に対して、不動産仲介物件の中でも人気の物件を紹介しているコンテンツにトラフィックを誘導する矛盾も起きません。

「トラフィックを送り理由」とは、リンクを貼る理由です。

トラフィックを送る理由に矛盾がなくリンクが貼れると言うことは、そのリンクを伝って自然なトラフィックが発生すると言うことです。同じことを言っているように感じる人もいるかもしれませんが、元来「上位表示を目的としたリンク対策」をご存知の場合なら「リンクは悪」だとか「未だにリンクは有効」といったドッチ付かずの議論に、そろそろ結論を出したいと言う人も少なくないでしょう。

まさに、このことが「リンクは悪」だとか「未だにリンクは有効」といったドッチ付かずの議論が生まれている理由です。コンテンツ自体がSEOされており、そのSEOされたコンテンツ同士もSEOされている状態なら、適切なトラフィックの交換または流入が起こるため「リンクは有効」であり、そうでない昔ながらの無作為なリンクは悪なのです。

コンテンツSEOという言葉が、ここ数年はやっていて、私は何度も「コンテンツSEOという業者はいったい今まで何を検索エンジンに最適化させてきたんだ!」と、言ってきましたが、コンテンツ自体が適切に検索エンジンに認識できるよう「検索エンジンのシステムに」最適化できているのなら、そのコンテンツ同士をリンクで結ぶことも「検索エンジンのシステムに最適化」された施策であり、SEOされたコンテンツをリンクで結ぶこともSEOとなるわけです。

指し棒(左)

「コンテンツSEO」サービスを提供している大手もありますが「コンテンツを作るだけ」の業者は、SEOを理解できていませんので、注意してくださいね。

結果、この福岡にある不動産業者は、現存するホームページの中から「紹介物件」の露出を増やすためにデータベースから無作為に吐き出されるコンテンツをSEOさせる労力をコストに変え、投じたりしても成果を得ることはできません。その現存するホームページの中にある「買取業」のコンテンツにSEOを行えば、自ずと「サイトないテーマの崩壊」が起こります。圧倒的に紹介業のコンテンツが多いことから、買取サービスのコンテンツでサイト内テーマの崩壊を招くまでには、かなりの時間と労力がかかるでしょうから、現実的にはサイト内テーマの崩壊は起こりません。

どちらにしても「SEOでは成果は上がらない」ということです。

個々のコンテンツが教科書に書かれるようなSEOがされていたとしても、サイト全体で見たとき、トラフィック傾向からSEOを測ったとき、そのサイトはSEOされていないサイトだと認識され、そのSEOされていないサイトの中に含まれる各コンテンツもSEOされていないと検索エンジンに認識されるわけです。

その認識過程はすべて「リンク経由」で判断されています。

このサイトで起こっていたサイト運営の「迷い」

福岡にある不動産会社のホームページ運営相談を事例に挙げ、ホームページ運営の「迷い」は、運営者の無自覚に起こっているということをお伝えしてきましたが、そういう私もこのサイトの運営に「迷い」が、あったと先日やっと自覚できました。

このサイトでの迷いというよりも、個人ブログとの関係性に迷いがあったと言ったほうが正確かもしれません。

2016年の暮れから2017年の初めに200ページを超える個人ブログを本格的にトラフィック獲得型のサイト運営にシフトするためにテコ入れを行ないました。ビッグサイトに成長させようとして運営していた個人ブログに掲載していた記事内容は、本サイトの内容と丸かぶりしていたため、このサイトのブログ記事はほとんど追加されずじまいだったのです。

そのため、このサイトへのファーストトラフィックは、ほとんど獲得できておらず、別の専門サイト経由のトラフィックだったり、個人ブログ経由のトラフィックだったりしたわけです。

結果、検索経由のファーストトラフィックを獲得できていないサイトは、検索エンジンの評価を落とします。特にこれは憶測の域を脱しませんが、運営元が同じサイトからばかりトラフィックを獲得しているようなサイトの場合は、この検索エンジンからの評価は極端に落ちるように感じています。

本サイトは別の理由からリニューアル作業を行い、そのほかのホームページ制作依頼とが重なったため、結局個人サイトのトラフィック獲得型運営へのテコ入れは頓挫した結果となってしまいました。すでに200ページを超えているサイトで、数10ページのサイトの頃から検索経由のトラフィックを集め続けていたサイトなので、テコ入れ作業ができなくなったあとも、1、2ヶ月の間はトラフィックを伸ばし続けました。

しかし、その後トラフィックは伸びなくなってきました。ただ、このサイトへのトラフィック誘導数には変化が起こっていなかったのです。

そこで、トラフィック発生元と調べると(調べるまでもなかったのですが)、個人ブログに投稿している内容の多くが、このサイトに投稿すべき内容だったことをハッキリさせることができました。思い返せば、この専門サイトを立ち上げた理由は、拙著『小さなサイトの儲かる秘訣、大きなサイトが掘る墓穴』でも紹介している「小規模サイトのススメ」を実証するために立ち上げたのですが、すでにトラフィックを獲得していた個人ブログのビッグサイト化を焦ったあまり、本サイトに掲載すべきコンテンツを個人ブログに追加し、個人ブログから移行すべきコンテンツを移行しないまま、数年間を過ごしてきていたわけです。

専門サイトを立ち上げ、現行サイトと相乗効果を持たせるためには、立ち上げ時のSEOに関する注意事項がいくつかあります。そのことに関しては、また別のエントリーでお話しすることにします。

本記事の最後にサイト運営の「迷い」から、傷口を大きくさせないための秘訣をご紹介しておきたいと思います。

サイト運営の無自覚な「迷い」は、こうして発見しよう!

私が、自分自身の「迷い」に無自覚なまま数年を過ごした理由は「ビジネスが好転しているときはアクセス解析を見ない」という習慣が原因でした。いくつかの個別サイトを目的別に運営する場合、トータル的にビジネスが好転している際は、アクセス解析とにらめっこする必要はありません。しかし、定点観測を習慣的に行い、万が一に対処するデータを蓄積しておくことは、今回の体験から痛感することができました。

各々運営している目的別サイトに「ファーストトラフィック」が獲得できていなければ、次第にそれぞれのサイトから得られていた相乗効果は薄れていきます。
「ファーストトラフィック」とは、検索経由のトラフィックのことで、リンク経由のトラフィック以外を指してこう呼んでいます。

リンク経由のトラフィックの交換(相互リンク)は、その交換されるトラフィック経由で、より多くのページビュー数(閲覧ページ数)を獲得できコンバージョンしていなければ、ビジネス的にも成果を獲得することはできません。そのため、サイト同士で相互リンクさせていたとしても、コンテンツ同士(特定のページ同士)での、相互リンクは、よほどの理由がない限り、検索エンジンにとって「相互リンクを結ぶ理由に矛盾」を生じます。

しかし、ひとつの企業が複数の専門サイトを運営する場合、自ずと個別のコンテンツ同士につながりが生まれ、リンクを送り合うことは起こり得ることでしょう。この場合は、コンテンツを補完しあう関係にあるため、相互リンクではなく、一方的なリンクの掲載になります。

サイトAの23ページから、サイトBの7ページにリンクされ、サイトBの7ページは、サイトBの主要ページのテーマに合致しており、サイトAの23ページを補完する内容にあるという関係性が成り立っているわけです。さらにサイトBの15ページを補完する内容がサイトAの11ページにある場合は、サイトBからサイトAにリンクが送られトラフィックも流れますので、結果的にサイト全体で見た場合、サイトAとサイトBは、相互リンクの関係にあることになります。

こう言ったケースでの相互リンクはSEOされた相互リンクとなりえますが「リンク集ページ」のような、同一ページ同士のリンクの張り合いは、「情報」としての補完関係にはなく「Aを補完するBは、Bを補完するA」という矛盾を生むためにSEOされているとは判断できないわけです。

結果、それぞれに専門サイトを運営する場合であっても、目的に沿ってファーストトラフィックを獲得し続ける必要があるのです。

スタバのコーヒーを飲む人が、社内にあるネスカフェのコーヒーを飲んだとしても「コーヒー好き」ということに、何の矛盾もありません。これと同じように、それぞれの目的を明確にして、サイトも運営しながら、それぞれの情報を提供する必要があるわけです。

そのような「それぞれの目的」を担うことをやめ、スタバが人気だからと言って、スタバにネスカフェのコーヒーを卸すようなことがあっては、自ずと、そのコンテンツの存在意義がなくなっていくわけです。もちろん、ネスカフェがスタバにコーヒーを卸すようなことはないでしょうけどね!あったとしたら、それはまた別の観点からのことです。

もし、あなたが複数のホームページを運営しているようでしたら、今すぐ、サイト運営に「迷い」が生じていないかをチェックしてみてください。

チェックする方法は、それぞれのホームページに「ファーストトラフィック」が、十分に発生しているかどうかです。ファーストトラフィックをそれぞれのサイトが、充分に獲得できているようなら、収益も充分に上がっているはずです。

もし、それぞれのサイトがファーストトラフィックを獲得できているのに、収益性が悪いと言う場合は、下記よりご相談ください。

今すぐお電話を