レスポンシブデザインのホームページを見かける機会も多くなってきました。

そして、当サイトだけではなく、レスポンシブデザインのホームページを作成する会社も増えてきているように思います。

私たちはホームページ作成だけではなく、ネット集客やSEO対策、インターネット調査など、売上や顧客獲得につながるサービス全般を取り扱っているので、お酒の席などで、このレスポンシブWebデザインのホームページ作成に関するご質問を受けることも少なくありません。

以前記事にもしましたが、レスポンシブWebデザインというのは、まず、モバイルファーストという視点になって考えなければ何も始まりません。「モバイルファースト」とはどういうことかというと、モバイル端末、今ならスマートフォンユーザーというべきでしょうか。

これまでホームページにアクセスするのはパソコンからという考えが当たり前でしたが、このモバイルファーストという考え方は、モバイル端末でホームページにアクセスされることを第一優先事項として捉え、ホームページ作成に当たるというのが、このモバイルファーストというフレームワークです。

そう考えると、まず念頭に置かなければならないのが、レスポンシブデザインのホームページにする必要があるのかどうかということです。

あなたの取り扱っている商品やサービスがモバイル端末からアクセスされることにそぐわない場合は、流行だからといってレスポンシブデザインのホームページを作成する必要はないかもしれません。

レスポンシブWebデザインのホームページ作成を検討する場合は、まず、モバイルファーストという視点に立ち、あなたの商品やサービスがモバイル端末から購入しやすいものであるかと考えることも、ひとつの大切なチェックポイントとなります。








追記
単価の安い商品や衝動買い商品は、モバイル端末でインターネットサーフィンをしている状況を踏まえてみても、レスポンシブデザインを採用することは最適ですが、何もこのような安価な商品や衝動買いできるサービスだけが、そうという訳でもありません。

現にこのホームページは、ホームページ作成という衝動買いとはほど遠いサービスですよね。
しかし、本サービスにランディングさせる経路を想定すると、レスポンシブWebデザインを採用し、モバイルファーストのフレームワークを取り入れる必要があった訳です。

あなたのサービスは、モバイルファーストの視点が必要でしょうか…。では、次回はレスポンシブWebデザインのホームページへ改修しないほうが良い事例をご紹介しましょう。

今すぐお電話を